駐車違反で混同しがちな駐車と停車の違いとは?

ラジオライフ.com

2018/5/17 17:05


駐車違反とならないためにも「駐車」と「停車」の違いを知っておいて損はありません。駐車違反の場所に停車しただけと自分が思っていても、それが駐車に当たる可能性があるからです。また、駐車違反を取り締まっている駐車監視員が確認する「放置車両」についても定義を理解しておきましょう。

駐車違反で混同しがちな駐車と停車の違いとは?

駐車違反で混同しがちな停車の定義


駐車違反で多くのドライバーが混同しがちなのが「駐車」と「停車」の違いでしょう。駐車と停車の違いのよくある誤解が、クルマが停止している時間の長短というもの。エンジンを止めているか否か、ハザードランプをつけているか否かというのもよくある誤解といえるでしょう。

駐車とは「クルマが継続的に停止すること」や「運転者がクルマを離れて直ちに運転することができない状態」のことをいいます。そして、停車とは駐車に該当しないクルマの停止と定義されているのです。

停車は具体的には「人の乗降のための停止」や「5分を超えない荷物の積みおろしのための停止」とされています。客待ちや荷待ち、5分をこえる荷物の積みおろしに関しては駐車という定義になるのです。

駐車違反を取り締まる監視員の業務


そして、駐車違反の取り締まりを外部委託されているのが駐車監視員になります。ただし、監視員が行っているのは駐車違反の取り締まり全般ではなく「放置車両」確認事務の業務です。

放置車両とは、違法駐車と認められるクルマで、運転者がそのクルマを離れて直ちに運転することができない状態にあるもの。このため、運転者がクルマに乗車または降車していることを目視していた場合は確認作業を行いません。

なお、外交官特権により外交官ナンバー(青ナンバー)は駐車違反を取り締まられないとよくいわれます。ところが、それは都市伝説。駐車違反していれば、駐車標章もガンガン貼られています。ただし、実際は違反標章が貼られても罰金を踏み倒すケースもあるようです。なお、違法駐車は迷惑行為。交通ルールはしっかり守りましょう。

あなたにおすすめ