最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

友達を選ぶ性悪女? 英国王室入りするメーガン・マークルの本性を、元親友や家族がぶちまける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


5月19日に行われる、イギリスのヘンリー王子とのロイヤル・ウエディングを目前に控え、世界中で注目を浴びているアメリカ人女優メーガン・マークル。婚約発表以来、「バツイチだなんてふさわしくない」というやっかみの声や「マナーがなってない」「品がない」と手厳しく批判する声が上がっているが、日一日、彼女は美しさと輝きを増している。メーガンがアンチのバッシングにめげないのは、その性格ゆえ。「計算高い」「かなりの野心家」という説も流れており、柔らかな笑顔とフェミニンな雰囲気から想像もつかないほど「冷酷」という報道も流れている。ハリウッド女優からプリンセスへと、華麗なる転身を遂げようとしているメーガンとは、一体どんな人物なのか? 親友や家族の証言をまとめてみた。

■バッサリと友達整理

大学卒業後、昼メロ女優からキャリアをスタートし、2011年に始まったドラマ『SUITS/スーツ』でようやくブレイクしたメーガン。高学歴で下積みも長かった彼女はそれなりに友人も多かったとされるが、英紙「デイリー・スター」によると、ヘンリー王子と付き合い始めてすぐに友達の断捨離を開始。多くの友人が「まったく連絡してくれなくなった」と証言し、中には共通の友人を介して「もうあなたとは連絡を取らないから」と告げられた人もいるとか。縁を切られた友人たちは「相手は王子だし、それだけ真剣交際しているということ。幸せを願いたい」と納得しているそうだが、「自分の幸せのためなら、迷わず友達断捨離する非情な女」という声が上がった。

■ドライな女

ダイアナ元皇太子妃暴露本で知られるアンドリュー・モートンが今年4月に上梓した『Meghan:A Hollywood Princess』によると、映画プロデューサーの元夫トレヴァー・エンゲルソンとは、下積み時代に場末の酒場で出会い、交際を開始。初のレギュラードラマ『SUITS/スーツ』がヒットしてシリーズを重ねたことから遠距離生活が続き、次第に気持ちが離れていっただけでなく、トレヴァーの時間にルーズな性格やファッションに無頓着なところに嫌気が差すように。その結果、結婚わずか2年で離婚を決意。一方的に別れを告げ、婚約指輪と結婚指輪は書留で送りつけた。トレヴァーと付き合いだしたのも、プロデューサーの彼を利用してキャリアアップをもくろんだからで、人気女優となった後は用なしになったから捨てたのだという説もある。

■計算深い女

メーガンには、2歳の頃から何をするにも一緒のニナキ・プリディという大親友がいた。英紙「デイリー・メール」の取材に応じたニナキは、メーガンがトレヴァーに一方的に離婚を突きつけたことにショックを受けて絶交したのだと告白。結婚式で花嫁と一番親しい人が務めるメイド・オブ・オナーの大役を担い、メーガンの結婚を心から祝福したのに、メーガンの別れ方があまりにもひどく、友達でいたくないと思って絶交したのだとか。そして、ニナキは「メーガンは人間関係において、本当に計算高い女」「自分の人生には必要ないと思ったら、驚くほど冷たい態度を取る。仲直りしようとしても無理。彼女は、いらないと決めた人とは二度と交流を持たない」と吐き捨てている。

■異母兄、異母姉から嫌われる女

結婚式が目前に迫った5月には米ゴシップ誌「InTouch」が驚くべきニュースを報じた。メーガンから絶縁されている異母兄トーマス・マークル・ジュニアが、ヘンリー王子に「まだ遅くない。メーガンと結婚してはいけません」「彼女は冷酷で浅はかなうぬぼれ女なんです」という手紙を送っているというのだ。さらに、父親が自己破産したのは、彼に甘えていたメーガンのせいだと主張。異母姉サマンサ・マークルもメーガンの暴露本を執筆しており、メーガンのことを「野心家」「結婚式に赤の他人を2,000人招待するくせに、身内は呼ばない女」と批判。父親がメーガンを偏愛したため2人が嫉妬しているのだと見られているが、果たして真実は……。

■よりすぐった親友

冷酷といわれるメーガンが、「王妃になっても付き合える」と残した友人は、カナダ人ファッションスタイリストのジェシカ・マルロニー。2人は『SUITS/スーツ』の撮影が行われたカナダで知り合い、今や一緒に旅行するほどの親友で、メーガンのエレガントな装いも彼女のアドバイスによるものと見られている。スタイリッシュなジェシカは「トロントのグウィネス・パルトロー」と呼ばれる人物。既婚者で子どももいるのだが、夫はカナダの第24代首相ブライアン・マルルーニーの息子で、カナダでは有名なテレビ司会者。現首相ジャスティン・トルドーの妻を担当し、“カナダで最も影響力を持つスタイリスト”とも呼ばれている。

■愛読書はダイアナ元妃の暴露本

前述のニナキは「デイリー・メール」に、「メーガンはいつだって有名人になりたがっていた」「注目されることが大好きな人。アカデミー賞を獲る時の練習までしてた」と暴露。『SUITS/スーツ』で有名になると態度や話し方が変わり、「全て私に合わせて」と高飛車になったと明かした。また、人気ドラマの出演者という立場を利用し、欲しいものを手に入れるなど、どんどんと嫌な女になっていったという。また、「メーガンの本棚にはダイアナ元妃の暴露本が大事に置かれていた。トレヴァーに“ロンドンに1カ月滞在したい”とおねだりしていたこともあった。間違いなく英国王室にあこがれていたわね」とも証言している。

■「妃殿下ごっこ」で女王様役に

メーガンが小さい頃から英国王室にあこがれていたという動画を、「デイリー・メール」は入手している。8歳の時、友達と「プリンセスごっこ」をしていた時に、女王様役を演じたというのだ。これもニナキが暴露したもので、「クッキーを90万枚焼きなさい。素敵なドレスも縫ってちょうだいな」とイギリス訛りの英語で命じたという。ニナキは「こんなふうに、メーガンはいつだって注目の的、話題の中心にいなくちゃ気が済まない子だった」と回想。「これね、実は私の誕生日パーティーで撮影した動画なのよ。バースデーガールは私なのに、メーガンは女王様役を取ったの」と悔しさをにじませていた。

■ファーストキスは13歳

2013年にインタビューで「ファーストキスは13歳。サマーキャンプで私からキスしたの!」と明かしたメーガン。その相手はジョシュア・シルバースタインだと述べ、今は何をしているか知らないと語った。米エンタメ番組『インサイド・エディション』はこのジョシュアにインタビューをしたのだが、彼は「意を決して勇気を振り絞りましたって感じで、いきなりキスされたんだよ。そんなことされるなんて思ってなかったから、びっくりした」と回想。かなり積極的だったと明かし、ネット上では「ヘンリー王子もメーガンが押し倒し、ガンガンに攻めていったに違いない」と下世話に盛り上がった。ちなみにジョシュアにとってはファーストキスではなかったそうで「どんなキスだったかまったく覚えていない」そうだ。

■サイキックに頼る女だった

元夫トレヴァーと離婚した翌年から、セレブリティ・シェフのコーリー・ビチェロと交際を始めたメーガン。彼とはヘンリー王子と出会う直前まで付き合っていた。米エンタメサイト「TMZ」非公認王室担当記者ショーン・メンデルによると、メーガンは本音を話せる友人がいなかったからか、はたまた真剣に彼との関係に悩んでいたからか、セレブ御用達のサイキック、リチャード・ウィンに頻繁にリーディングしてもらっていたとのこと。その霊能者は、メーガンがヘンリー王子と出会う数カ月前に行ったリーディングで「ロンドンにいるメーガン」と「大勢のイギリス人に囲まれるメーガン」が見えたという。それを聞いたメーガンは「ロンドンは大好きよ……イギリス人も大好き」と即答。「なんだかエキサイティングね」と未来に期待を寄せたそうだ。なお、ヘンリー王子と出会ってからメーガンはリチャードに一度だけ電話をかけ「コーリーとは別れ、新しい人と出会い、今は前に進んでいます」と報告。以来、連絡を絶ったとのことだ。

■女優だと覚えていて

誰が招待されるのか大注目を集めているロイヤル・ウエディングだが、3月に英ゴシップ誌「Hello」が、『SUITS/スーツ』で共演した女優のアビゲイル・スペンサーと、インドからの移民が多いイギリスで高い人気を誇るインド出身の女優プリヤンカー・チョープラーが招待されたと報道した。2人はすごく仲良しというわけではないが、「自分も女優だと忘れられないように」彼女たちを招いたのではないかと推測する声が上がっている。

外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス