CIVILIAN×中田裕二 2マン大盛況! 椿屋四重奏が一夜限りの復活!?と思わせる豪華な内容に絶え間ない感動

Billboard JAPAN

2018/5/17 15:45



3ピースロックバンド CIVILIANが、5月16日 東京・CLUB QUATTROにて東名阪2マンイベントツアー【CIVILIAN presents INCIDENT619】を開催した。

【INCIDENT619】シリーズは、CIVILIANがリスペクトするアーティストとの2マンイベントで、改名前の「Lyu:Lyu」時代、2011年11月に初の自主企画としてスタート。通算11回目となる今回は、元・椿屋四重奏の中田裕二を迎え、中田のバックバンドをCIVILIANが務める一夜限りのスペシャルユニットも結成された。

最初にステージに登場したのはCIVILIANの3人だった。企画の主催者がトップバッターかと思いきや、コヤマヒデカズ(vo,g)が「今日、ここに集まってくれた誰よりも俺たち3人が今日、1日を楽しみにしてきました。我らのゲストをお迎えします!」
と語り、盛大な拍手とともに中田裕二が呼び込まれた。「どうも俺たちがCIVILIAN四重奏です!」と挨拶すると、場内からは歓声があがった。

CIVILIANをバックバンドに従えた中田は「普段の僕のお客さんと違って戦闘態勢っていう感じがしますけど、受けてたとうじゃないか!」と笑顔で煽りながら、3月21日にリリースされたニューアルバム『NOBODY KNOWS』に収録されているロックンロールナンバー「マレダロ」でライブをスタートさせた。MCでは、この日のセットリストはCIVILIANのメンバーによる選曲であることを明かし、中田が「対バンはあっても、演奏までしてくれることはないですよ。非常に嬉しいです」と感謝の気持ちを伝えると、コヤマは「相当、気合いを入れて来ました」と返すなど、お互いにリスペクトし合っている様子が伝わってくる。

「バンド時代以来8年ぶりに歌う」という、中田をして“マニアックな選曲”と言わしめたロックバラード「春雨よ」をはじめ、「不時着」「幻惑」など、メンバーそれぞれがリクエストした椿屋四重奏の楽曲群でオーディエンスの心と体を揺らし、中田のライブではおなじみのディスコナンバー「MIDNIGHT FLYER」で締めくくられた。「CIVILIANが僕の曲を演奏してくれて、非常に素晴らしく、貴重な時間でした。ありがとう」と振り返った中田は、壇上でメンバーと握手とハグを交わし、4人でステージを降りた。

15分間のインターバルを挟んで、再登場したCIVILIANは、メジャー1stアルバム『eve(イヴ)』の楽曲を中心に、改名後初の作品として発表されたインディーズシングルのカップリング曲「爽やかな逃走」などを激しくエネルギッシュに、パワフルにエモーショナルにプレイ。“生”と密接に繋がっていることを感じさせるパフォーマンスで、観客を圧倒し、ボカロPとしても活躍しているコヤマのナノウ名義でのヒット曲「ハロ/ハワユ」ではらららの大合唱も巻き起こった。

最初のMCでは、「初めて音楽をやってからずっと、僕は自分の歌いたいことを歌いたいがために、音楽をやってました。その結果、いろんな人と出会って、いろんな人と別れていって。いま、ここにこうして、その続きを一緒に歩んでいる人がいるなと感じています」とこれまでを振り返り、「長く長く続けていたような気もするし、月日は一瞬で通り過ぎてきたような気もします。だけど、続けていれば、いいことあるんだなって、今日、素直に思いました。中田さん、本当にありがとうございました」と、この日の共演に対する感謝の気持ちを伝えた。

その後、彼らは「いままで僕自身が傷つけてきたたくさんの人々、裏切ってきたたくさんの人々、勇気をもらったたくさんの人々」のことを歌った「あなたのこと」やヴォーカルの歌力を感じるドラマチックなロックナンバー「言わなきゃいけない事」を披露。さらに、TVアニメ『将国のアルタイル』の主題歌で、ラジオ各局でパワープレイされた「赫色-akairo-」の演奏前には、エレクトリックシタールのようなオリエンタルなサウンドでフロアの空気を変え、「今日、この日、この場所に、自分の魂、技術、歌声、ギターの音、全てを置いていくつもりで来ました」と語り、速いパッセージの「ぜんぶあんたのせい」、観客全員が右手と叫び声をあげた「生者ノ行進」で盛り上げ、改名後のCIVILIANの第一歩と決意が込められたロックバラード「顔」で本編は終了した。

アンコールには、まず、アコギを持ったコヤマと中田がツアーTシャツで登場。中田は「コヤマくん、ペアルックしちゃった! ペアルックしたことなかったから、今日が初です! アタシ、嬉しい」とおどけ、笑いを誘い、二人だけで椿屋四重奏の代表曲で、コヤマにとっては“ソロの弾き語りライブでなんどもカバーしてきた、思い出の深い曲”である「紫陽花」をしっとりと歌い上げ、美しいハーモニーを響かせた。最後は3ピースに戻り、Lyu: Lyu名義の4thミニアルバムに収録されていた「メシア」でフロアにまばゆい光を放ち、スペシャルなコラボレーションが実現した2マンイベントの幕は下ろされた。

今後、さユりを迎えた【CIVILIAN presents INCIDENT619 vol.12】が5月18日 名古屋ell.FITS ALLにて、GARNiDELiAを迎えた【CIVILIAN presents INCIDENT619 vol.13】が5月25日 梅田 Banana Hallにて開催される。また、この日、CIVILIANは7月18日 に渋谷WWWにて、CIVILIAN改名2周年記念ライブを行うことを発表。5月18日正午よりCIVILIANオフィシャルサイトにて先行予約がスタートする。

ライブ写真 撮影:高田真希子

◎セットリスト
【CIVILIAN presents INCIDENT619 Vol.11】
2018年5月16日(水)SHIBUYA Club Quattro
<中田裕二 with CIVILIAN>
01. マレダロ
02. プロローグ
03. リボルバー
04. 春雨よ
05. 不時着
06. 幻惑
07. MIDNIGHT FLYER

<CIVILIAN>
01. 一般生命論
02. love hate drama
03. 爽やかな逃走
04. ハロ/ ハワユ
05. あなたのこと
06. 言わなきゃいけない事
07. 赫色 -akairo-
08. ぜんぶあんたのせい
09. 生者ノ行進
10. 顔
<アンコール>
01. 紫陽花(コヤマ×中田裕二 弾き語りVer.)
02. メシア

◎ライブ情報
【CIVILIAN presents INCIDENT619】
(Vol.11)2018年5月16日(水)東京 渋谷CLUB QUATTRO w/中田裕二 ※終了
(Vol.12)2018年5月18日(金)愛知 名古屋 ell.FITS ALL w/さユり
(Vol.13)2018年5月25日(金)大阪 梅田Banana Hall w/ GARNiDELiA

【CIVILIAN 2nd Anniversary Live “TWO”】
2018年7月18日(水)渋谷WWW
OPEN 18:00 / START 19:00
http://civi-l-ian.com/

あなたにおすすめ