最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

一瞬の隙が命取り…第2R「超圧迫ドロップ面接」で500人から124人に/リアルカイジGP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・大阪と2カ所で行われたAbemaTVの人生逆転リアリティーショウ「リアルカイジGP」の第1R。東京では「先着ムチャぶり地獄」、大阪では「500人王様ゲーム」と名付けられた過酷なミッションで、応募総数約3万5000人から500人にまで絞られた。第2Rは4月21日栃木県某所で開幕。その模様が5月13日放送回で公開された。


第1Rを勝ち抜いた挑戦者たちは、バスで会場となる険しい山の麓へ。会場入り後は抽選箱でAからEのアルファベットが書かれたボールを引くように指示された。目の前には5つの部屋がそびえる。これは何を意味するのか。挑戦者たちが戸惑う中、爆発音と共に地獄の使者が現れた。

5台のバイクに先導されてやってきたのは、俳優の小沢仁志・和義兄弟。「よくここまで勝ち抜いてきたな!」。黒いスーツに身を纏った2人の声が響くと、会場からは大歓声が上がったが、次の言葉で会場の空気は一変した。「お前たちが1億円をもらうにふさわしいか、俺たちが見極めてやる」「ふさわしくない奴は、奈落の底に突き落としてやるからな」。会場内が静まり返ったと同時に、第2Rの内容は「超圧迫ドロップ面接」だと明かされた。

超圧迫ドロップ面接は、AからEの部屋にそれぞれ5人1組で入室。1億円への熱意を面接官にアピールするのだが、部屋ごとにある「限定ルール」を破ると即失格、面接官の手元にあるボタンひとつで、文字通り奈落の底へ強制落下となる。ルールを守りつつ、いかにして面接官の心を響かせられるかがポイント。抽選箱で引いたボールは、どの部屋へ入るかを決めていたのだ。面接官は小沢兄弟のほか、タレントの武井壮、お笑い芸人・浅草キッドの玉袋筋太郎や松村邦洋、梅沢富美男などが務めた。

限定ルールは「はい」と返事をすると失格、「えっと、あの、えー、まぁ、その」と間をつなぐ言葉5種を使うと失格、リアルに1億円への想いを伝えるガチ面接など、内容は様々であった。超難関な面接は挑戦者を苦しめ、一瞬のうっかりで失格するもの、パニックに陥り泣きながら落下するもの、中途半端な熱意を見破られて落とされるものなどが続出。約3/4が脱落し、124人が第3Rへと駒を進めた。

第1Rを通過したボクシング・元WBC世界フライ級王者の内藤大助、トリノオリンピック・スノーボードハーフパイプ日本代表の成田童夢、お笑い芸人・極楽とんぼの山本圭壱やドランクドラゴンの鈴木拓など芸能・著名人の奮闘は、次週5月20日に放送予定。優勝賞金1億円に近付ける猛者はいるのであろうか。

(C)AbemaTV
▶5/13 22:00~ △超圧迫面接でハガれる仮面▼全員参加100万円山分け企画も リアルカイジGP#5
▶5/20 22:00~ △NGワードで即落下“超圧迫”面接&100万円山分け企画▼ リアルカイジGP#6


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス