番組放送前のDAIGOと北川景子にうらやむ声 「2人とも仲がいいなぁ」

grape

2018/5/17 13:08

山口達也さんが司会を務めていた、バラエティ番組『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)。

山口さんの降板を受けて、2018年5月15日の放送では、タレントのDAIGOさんが司会進行を務めました。

そこで司会に臨むDAIGOさんが明かしたエピソードに、驚きの声が上がっています。

台本の読み合わせに

番組冒頭で「頑張りまウィッシュ!」と、司会進行の意気込みをいつものポーズで決めたDAIGOさん。

番組を滞りなく進行するために、収録前日にあることを行ったといいます。

進行ということで昨日の晩から台本を頂いて、水トちゃんのところをうちの奥さんに読んでもらって。
幸せ!ボンビーガール ーより引用なんと妻で女優の北川景子さんに、台本の読み合わせを手伝ってもらったというのです!

司会のアナウンサー・水ト麻美さんの代役が、北川さんだったことにスタジオは騒然。

芸人の劇団ひとりさんからは「あまりにも違いすぎるでしょ」というツッコミが入りました。

ネット上では、2人の仲のよさをうらやむような声も上がっていました。

・北川景子さんが水トちゃん役やったとか…可愛すぎるよ。

・景子ちゃんと台本読み合わせって、2人とも仲がいいなぁ。

・DAIGOさんの仕事への熱心さが分かる。

ちなみに、同番組の司会はDAIGOさんが続けるかは未定とのこと。次回放送時は、ほかの人が司会を務める可能性もあるようです。

仲のよい夫婦というイメージが強いDAIGOさんと北川さん。これからもホッとするような夫婦生活のエピソードを聞かせてほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス