最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

スズキ ゆとりある室内空間の新型軽トラック「スーパーキャリイ」発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スズキは広く使い勝手が良い室内と、軽トラックで初めて前後の誤発進抑制機能を採用した新型「スーパーキャリイ」を2018年5月16日より発売する。

「キャリイ」は扱いやすいエンジン、広い荷台、頑丈な車体で好評のスズキの軽トラックだが、さらに“キャビンの広さ”という、従来の軽トラックではなかなか望むことが難しかった要素を、画期的なアイデアで盛り込んだ新バリエーションが登場した。それがスーパーキャリイだ。

スーパーキャリイはキャリイに対し、キャビンを後方へ460mm拡大することで室内空間を拡大。運転席はクラストップとなる最大角度40度のリクライニング機構と、180mmのシートスライド量を実現している。これにより大柄な人でも、乗用車のような、ゆとりある姿勢での運転が可能になる。しかも、全車、キャリイよりも120mm高い全高1,885mmのハイルーフ仕様とし、余裕の頭上高を確保。頭上にはファイル等の収納に便利なオーバーヘッドシェルフを標準装備する。

座席後方には、大容量のシートバックスペースを確保した。高さ920mm×横幅1,235mm×長さ250mmのシートバックスペースは、荷台に置けない貴重な工具、雨に濡らしたくない衣類や食品、大事な書類など、さまざまな収納に活用可能。また、助手席前倒し機構をクラス初搭載し、助手席背面には、外出先でのデスク作業や食事等に活用できるシートバックテーブルを採用している。

もちろん軽トラックには、ボディサイズに厳しい制約がある。したがって単純にキャビンを拡大したのでは、その分がそのまま荷台スペースの減少に繋がってしまう。そこでスーパーキャリイでは、キャビン下の空間を荷台側に開口させることで、荷台フロア長に関してはキャリイと同等の1,975mmを確保。つまり薄型の長尺物であれば、普通の軽トラックと同じように積載できてしまうというわけだ。キャビン下のスペースを除いた荷台長にしても、1,480mmという必要十分なスペースが確保されているため、自転車などが積載可能となっている。

安全装備としては、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の誤発進抑制機能と後方誤発進抑制機能を軽トラックで初めて採用。全車に標準装備した。

また、このスーパーキャリイの発売にあわせて、キャリイにも誤発進抑制機能と後方誤発進抑制機能を、KX、特別仕様車KCスペシャル、農繁スペシャルに標準装備したほか、メーカーオプション設定車を増やし、安全装備の充実を図った。

車両の詳細についてはキャリイWEBカタログを参照。

キャリイ 車種情報ページ(スズキ)

スズキ 関連情報

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス