花菖蒲がそろそろ見ごろ!関西の観賞スポット〈レジャー特集|2018〉

tenki.jpサプリ

2018/5/17 11:00


もうすぐ雨の季節ですね。5月から6月にかけて次々と咲く、アヤメ・カキツバタ・花しょうぶ…見かけも呼びかたもとってもまぎらわしいのですが、これから見ごろを迎えるのは、花しょうぶ。ちょっと大ぶりで、花びらの付け根が黄色くて、華やか~! 見ているだけで気持ちが明るくなりますね。今回は、関西周辺にあるおすすめ鑑賞スポットをご紹介します。雨の日もしっとりと咲く清らかな花たちに逢いにでかけてみませんか?

永澤寺しょうぶ園(兵庫県)

永澤寺しょうぶ園(兵庫県)

優しい花に癒されながらお蕎麦などいかが/永澤寺(兵庫県三田市)


■永澤寺(ようたくじ)
「関西花の寺 第11番霊場」として知られるお寺です。この山里周辺に自生していたと伝わる「ノハナショウブ」に思いを馳せて開園されたのが、花しょうぶ園。6月上旬から7月上旬にかけて、一斉に花開きます。水車を囲むように咲く花の姿はとても優しく癒される風景…。本格的なそば打ち体験のできる道場や、花を楽しみながらお蕎麦を味わえるお食事処もありますよ。
●2018年の『花しょうぶ園』は 6月初旬開園予定
●所在地:兵庫県三田市永沢寺210
●問い合わせ:079-566-0401
●アクセス:JR宝塚線「三田」駅よりバス 他
●料金:大人 800円、中学生以下無料
※詳細は公式サイトをご参照ください
兵庫県のお出かけスポット天気



日本古来の品種を風情ある庭で楽しもう/平安神宮(京都府京都市)


■平安神宮
平安遷都1100年を記念して明治28年に創建された神社です。広々とした神苑は国の名勝に指定され、ご社殿を取り囲むように4つの庭がめぐる、池泉回遊式庭園です。とりわけ初夏は圧巻の美しさ! 5月中旬からはカキツバタ、下旬からは花しょうぶが見ごろを迎えます。日本古来の品種ばかり200種・2000株が咲き競い、毎年この時季には神苑の無料公開もおこなわれます。
●神苑無料公開:2018年6月8日(金) 8:30~16:30(受付終了)
●所在地:京都府京都市左京区岡崎西天王町97
●問い合わせ:075-761-0221
●アクセス:地下鉄東西線「東山」駅より徒歩10分 他
●料金:神苑拝観料金/大人 600円、こども300円
※詳細は公式サイトをご参照ください
京都府のお出かけスポット天気



梅雨を堪能! あじさいと花しょうぶ/なばなの里(三重県桑名市)


■なばなの里
季節ごとに花まつりが開かれる「花の楽園」です。花畑の上を空中散歩する展望台「アイランド富士」や、世界各国から数百種・1万2000株を集めた「ベゴニアガーデン」も大人気。毎年6月上旬~7月初旬には、日本最大級の規模を誇る「あじさい・花しょうぶ園」がオープンします! こちらの花しょうぶは、約200種・8000株。園の中央で棚田状に植えられているので、八つ橋から見る花しょうぶは他にはない立体感が感じられると評判です。
●『あじさい・花しょうぶまつり』:5月下旬~7月初旬
●所在地:三重県桑名市長島町駒江漆畑270
●問い合わせ:0594-41-0787
●アクセス:近鉄「桑名」駅よりバス 他
●料金:1600円(里内で利用できる金券1000円付。料金は時期により変動あり)
※詳細は公式サイトをご参照ください
三重県のお出かけスポット天気



ライトアップで夜もロマンチック♪/山田池公園(大阪府枚方市)


■山田池(やまだいけ)公園
池と、その周りの豊かな自然を生かした公園です。園内には、水生花園や花木園、バーベキュー広場などがあります。毎年開花シーズンに開園する「花しょうぶ園」では、約140種10000株の花しょうぶを鑑賞できます。入園は無料! 見頃には、開園時間を延長してライトアップもおこなわれますよ。昼間とはまた違った美しさの花しょうぶをぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。
●「花しょうぶ園」開園:2018年5月25日(金)~6月25日(月)9:30~19:00
●ライトアップ:6月2日(土)~10日(日)※ 20:30まで延長公開
●所在地:大阪府枚方市山田池公園1-1
●問い合わせ:072-851-4761
●アクセス:京阪本線「枚方市」駅よりバス 他
●料金:無料
※詳細は公式サイトをご参照ください
大阪府のお出かけスポット天気

いかがでしたか? 「お出かけスポット天気」で、お近くの施設もぜひチェックしてみてくださいね!
<注意事項>
■写真はイメージです
■開花状況やイベント、営業日時・アクセス・料金など施設の詳細は、お出かけ前に公式サイトで最新の情報を必ずご確認ください


あなたにおすすめ