最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

iPadの牙城を狙うMicrosoftに4万円台の「Surface タブレット」が出る噂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
180517_new_surface_tablet_rumor_0
Image: Microsoft
Surface Book 2

10万円スタートのSurfaceに、もっと気軽なラインアップを追加。

「その市場、独占はさせんよ」と、ギリギリとした思いがあるのかもしれません。Microsoft(マイクロソフト)が2in1タブレットPC「Microsoft Surface」の廉価モデルを、早ければ2018年後半にリリース予定であると、Bloombergが報じています。Surface Proの廉価版じゃなく、新たなタブレットラインになりそうです。

Bloombergによると、廉価版Surfaceの価格は400ドル(約4万4000円)前後から。エッジのたったSurface Proのようなデザインではなく、角が丸い本体デザインだそうです。ディスプレイサイズは10インチとSurface Proから一回り小さくなって、Proと比べて約20%軽くなるものの、バッテリーは4時間短く。LTE内蔵モデルが用意され、ストレージは64GB(フルOS動かすのに足りるの!?)と128GB。既存のキーボードカバーが利用できないかわりに、キーボードカバー、マウス、タッチペンは廉価モデルも準備しているとのこと。むむむ…かなり具体的ですね。

噂の背景には、同じく廉価タブレットのiPad(2018)で好調なAppleのエントリー向けタブレットシェアの影響があるように思えます。

SurfaceはフルWindows OSが走るのが魅力ですけど、最近はiPadもマルチタスクやらフォルダやら、キーボードカバーやら、ペン入力やらにも対応。気が付けば 「iPadでもなんでもできるじゃん」となってます。しかも、4万円の低価格なiPadすら登場して、エントリーからクリエイターまで幅広い層でiPadの選択肢がある! こんな状況はMicrosoftとしても、うかうかしてられません
180517sak02
Image: Microsoft

確かに、現状のSurfaceラインナップを見ると、明らかにエントリー向け市場がカバーできていません。

全体的にクリエイターやビジネス利用に向けた路線に舵をきっていて、メインストリームでは最安の「Surface Laptop(Core m3プロセッサ)」で10万7784円と、プレミアム思考。「10万円からスタート」というのはちょっとハードル高いですよ…。

かつてSurfaceブランドが始まった時は安価な「Surface RT」という大いなる期待(と落胆)をもたらしたモデルもありましたが、現在のSurfaceラインには、カジュアルなニーズを満たせる端末はないわけです。そう考えると、確かに気軽にSurfaceを選べるモデルがあってもいいかもしれませんね。それこそiPad(2018)みたいな、エントリー向け、教育向け的なスタンスで。

この噂についてMicrosoftの広報はノーコメントということですが、ひょっとしたら年内にコスパ最強Surfaceバリューセットもワンチャンあるかも?

「Surface安いよね」時代、くるといいですね。

Image: Microsoft
Source: Microsoft, Bloomberg

(小暮ひさのり)

外部リンク(ギズモード・ジャパン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス