女の園は超怖い!女性が多い職場でのトラブル・対処法

yummy!

2018/5/17 11:00


女の園は超怖い!女性が多い職場でのトラブル・対処法

女性同士の人間関係って、複雑ですよね。
職場の場合は、上下関係もあって、さらに面倒くさい状態になってしまうことも。
規模が大きければ大きいほど、さまざまなタイプの女性たちが集まるから、ますますややこしいことに……。女性が多い職場で、上手に仕事をしていくコツってなんでしょう?
今回は、女性が多い職場でのトラブル・対処法をご紹介します。

女性が多い職場でのトラブル「うわさや悪口が当たり前」



女性が多くなると、どうしても男性からの視線がなくなり、閉鎖的な空間になりがちです。職場の中で派閥ができて、うまく溶け込める人とそうではない人とで分かれてしまいます。
女性が多い環境に慣れていない場合、まずあちらこちらで繰り広げられている悪口大会に戸惑うこともあるでしょう。誰を信じたらいいのか分からず、精神的にも影響します。職場は仕事をするための場所なのに、大人になってまでうわさや悪口で盛り上がっている人たちも実際はいます。
対処法としては、どんなにうわさや悪口の話題を振られても、基本的には適当に流すことです。少しでも流れに乗ると、いつの間にか「あの人がこんなことを言っていたわよ」と、犯罪者のような扱いになってしまいます。

女性が多い職場でのトラブル#2「仕事へのモチベーションの違いから派閥ができる」



職場に来ている女性全員、仕事が優先とは限りません。プライベートを優先しながら働きたい人もいます。それぞれ自分の人生において何を重視するか違うからこそ、会社にはさまざまな制度が設けられています。
女性が多い職場の場合は、仕事へのモチベーションの違いから派閥もできやすく、派閥同士の争いもあります。仕事優先チームもいれば、プライベート重視チームもいて、それぞれが自分の主張が正解だと思っている部分もあるでしょう。
仕事に対するモチベーションが違うのは、仕方のないこと。たったそれだけでお気に入りの人とそうではない人を分けるというのも、どこか大人げなく感じませんか? 対処法としては、自分の価値観を他人に押し付けすぎないこと。自分にとっては正解と思うことも他人にとってはまったくそうではないパターンもあるのです。

女性が多い職場でのトラブル#3「ステータスで張り合う」



女性が多い職場では、ステータスで人の良し悪しを判断する人もいます。結婚をしているかどうか。子どもを産んでいるかどうか。さらには旦那の年収や勤務先、子どもの学歴など、さまざまなフィルターをかけて、お気に入りの人を選ぶ人がいます。
職場には必ずしも、同じステータスの人たちが集まっているとは限りません。独身の人もいれば、結婚をしていても子どもがいない人もいて、それぞれ事情が違います。さまざまな人が職場にいます。
対処法は、ステータス重視の人は放っておくこと。たとえ自分が独身というだけで、グループに入れなくても、仕事ができていれば、誰かは必ず見てくれています。どうしても精神的に厳しければ、別の環境を探すのも解決策です。

合わないなら、環境を変えるのもあり



女性が多いと、どうしてもそれぞれがぶつかり合う傾向があります。うわさや悪口は気にしないのが一番ですが、あまりにも風通しが悪く、職場と合わないなら、転職も視野に入れつつ、今後のライフプランを見直してみて。
(山口 恵理香/ライター)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス