最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

日本全国「長生きできる都道府県」はどこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 47都道府県を詳細データで検証した結果、驚きの事実が発覚。あなたの住む地域は長寿ですか。それとも……。

日本人男性の平均寿命は80.98歳で、女性は87.14歳。これは厚生労働省が昨年発表したデータだが、もう一つ大切な健康指標がある。「日常生活に制限のない期間」――いわゆる「健康寿命」である。簡単に言うと、病院や人の世話にならず、自立して生活できる平均的な年齢のことで、厚労省が3年ごとに調査している。この春に発表された報道資料によると、健康寿命は男性が72.14歳で女性は74.79歳。つまり、男性なら72歳くらいまでは釣りやゴルフも楽しめ、買い物も自分で車を運転して行ける。また、病院や医師の厄介になることもあまりない。いわゆる“元気な老人”でいられる平均的な期間だ。病気で寝込みがちになったり、子どもや介護士の世話にならずに生活できる。医療ジャーナリストの牧潤二氏が説明する。「いくら長生きしても、寝たきりや要介護ではどうしようもない。最近はこう考えて健康寿命を延ばす努力をする人が増えています」

国や地方自治体も、健康寿命を延ばすことに力を入れている。病院や薬、介護にかかる医療費が抑えられるからだ。「健康データは県や市区町村ごとに公表するケースが多いのですが、これも自治体同士で競わせ、医療費を軽減させる苦肉の策でしょう」(前同)

ちなみに、4月17日に厚労省が公表した市区町村別の「平均寿命」では、最も長生きなのは、男性が神奈川県横浜市青葉区の83.3歳、女性が沖縄県北中城村で89.0歳だったが、本記事では各都道府県の健康寿命&平均寿命について見てみよう。まず、細かいところは、記事最後の表を参照してほしい。いったいなぜ、こんなに差が出るのか?「各県の健康行政の優劣もあるのでしょうが、その地域の生活環境や食べ物の違いも大きいと思います」 こう解説するのは、県民性評論家の矢野新一氏だ。

■ワインの消費量が多い山梨県

 まずは山梨県に注目しよう。今回、男性1位で女性3位。9年間(過去3回の調査)の平均では、男女ともに1位という優良県だ。山梨県の福祉保健部健康増進課は、同県の健康寿命が高い理由として、がん検診や特定健診(成人健診)の受診率が高いことや、60歳以上の有業割合が全国2位で、高齢になっても働く人が多いことを挙げている。

矢野氏はこれに加え、山梨の県民性もあると指摘する。「甲府商人の流れをくむ山梨県民は、お金に細かい、しっかり者――地元では“めちゃかもん”――が多いんですね。釣り場に甲府ナンバーの車がいたら、“もう魚は獲り尽くされて、いない”と言われているぐらいです(笑)」 しっかり者が多いから、安く受診できる成人健診もしっかり受ける。また、60歳過ぎても元気なうちは働こうとする。ちゃっかり、しっかりの県民性が健康寿命を押し上げていると言うのだ。

山梨県の健康増進課はもう一つ、いまだに盛んな「無尽」もプラスになっていると分析している。無尽は地域や業者の互助会のようなもので、他の県ではあまりないが、山梨県は、この会がけっこう多いという。「無尽に参加することで人との交流が活発になり、コミュニケーションも多くなります。年を取っても、こうして人と交わることは健康に大きなプラスになります」(前出の牧氏)

なお、山梨県民の野菜や果物の消費量は全国平均以下なのだが、ブドウの消費量は他県を圧倒してダントツに多い。「買って食べるだけでなく、ご近所から分けてもらうことも多いですね。シーズンになると、毎日のようにブドウを食べ、酒ももっぱらワインです」(山梨県民)

ブドウの皮や赤ワインには強力な抗酸化物質(抗老化物質)のレスベラトロールが多く、心血管関連疾患の予防や寿命を延ばす作用も、マウスの実験で確認されている。山梨県の健康寿命トップの秘密は、このブドウにもあるようだ。

■埼玉県や愛知県はストレスが少ない県民性

 男性の健康長寿2位の埼玉は野菜消費量5位、果物6位と、かなり健康的な食生活をしている。これに加え、ストレスが少ない県民性もプラスに作用している。「埼玉県は社長の数が日本一少ないんです。リーダーシップや上昇志向があまりなく、のんびりした性格の人が多いのです。その分、仕事のストレスが少なく健康寿命につながっているのでしょう」(前出の矢野氏)

ちなみに、長寿者の聞き取り調査では「あまり小さなことにこだわらず、なんでも食べる」という人が多い。埼玉県民はまさに、この長寿者タイプなのである。

男性の健康寿命3位の愛知は女性が1位で、ここ3回の調査でも男女ともトップ3にランクされている。「愛知は山海の食材に恵まれ、トヨタ自動車のおかげで経済的にも豊かなため、県民は東京や大阪などに出て行く必要がありません。親にとっては、子どもが地元にいてくれる良い環境と言えます」(矢野氏)

また、名古屋は1人当たりの喫茶店数が多く、独特の“喫茶店文化”がある。「友達などと会って話す場所があるんですね。たわいのないおしゃべりでストレスを発散していることも、健康寿命も延ばしている要因でしょう」(前同)

これらトップ組から学べる健康寿命の延ばし方は、人との交流を密にすること。そしてストレスを抱えないことと言えそうだ。

■酒と塩分摂取量が多い秋田県

 では、健康寿命が低い県は、何がマイナスなのか? 最下位の秋田県で指摘されるのは、酒と塩だ。酒どころだけに酒量が多く、しょっつる鍋や漬け物などの塩分が多い食品を好んで食べている。矢野氏はこうした食生活に加え、「人が良すぎる県民性」もマイナスになっていると見る。「秋田県民は、人から頼まれると嫌とは言えない性格の人が多いんです。こんな人はストレスも抱えてしまいがちです」(同)

記事最後の表では、『ピンピンコロリ値』も算出した。人生の「日常生活に制限のある期間」のことで、これが短いほど病院や介護者のご厄介になる年数が少ない。東北地方は、このピンピンコロリ値が上位のところが多い。青森が1位で山形3位、岩手も7位だ。寝たきり期間が短い一方、突然死の場合もここに含まれるわけで、これも塩分摂取量が多いことが関係している。「塩分摂取量が多いと、血圧が高くなり、突然死を引き起こす心筋梗塞や脳卒中のリスクが高くなります」(循環器専門医)

■医師が多い地域で逆に健康寿命が短い!?

 他の地域にも目を向けてみよう。男性の健康寿命で、ワースト2の愛媛県、そしてワースト3の徳島県、ワースト5に高知県と、四国勢の健康寿命は他地域と比べて、かなり低い。なぜなのか? 前出の牧氏が次のように解説する。「意外なことに、徳島も高知も1人当たりの医師の数は多いのですね。こうした地域では自分の健康を、つい“医師任せ”にしてしまいがです。しかし、健康を保つには、自ら食事やお酒を節制したり、運動をするなどして努力することが大切なのです。医師が多い地域で逆に健康寿命が短いのは、こうした理由があるのかもしれません」(牧氏)

実は、これと逆のケースがある。健康寿命こそ20位ながら、平均寿命日本一を連覇中の長野県である。「長野県は中高年の就業率が高いことや新鮮な野菜を食べていることで平均寿命を延ばしているといわれているのですが、1人当たりの医師数や病院は全国的にみてもかなり少ないのです。病気になっても病院にかかれないから、県民は日頃から健康に気をつけているのでしょう」(前同)

健康と長寿は、医師が導くのではなく、日頃から健康のために努力する人に舞い降りる――ということなのだろう。



外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス