マツダ「CX-3」大幅改良のすべて クラスを超える大排気量化の意味とは

オートプルーブ

2018/5/17 10:00

マツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」が大幅商品改良をした。今度のCX-3における商品改良は、エンジン、サスペンション等ダイナミック性能の他、デザイン、安全装備とほぼ全領域にわたる改良で、マイナーチェンジでは取り入れないような新しい改良が加えられている。その詳細をお伝えしよう。なお、発売は5月31日から。

マツダはフルモデルチェンジする前の改良モデルを、マイナーチェンジや年次改良といった手法を取らないで、搭載できる技術ができた時点で、すぐに商品に反映するという方法を取っている。そのため、前回のCX-3の一部改良から1年を待たずに、そして発売から3年3か月で4回目となる商品改良を行なっている。

これはユーザーから賛否があるもののマツダとしては、その時点で最新・最高の技術を全ての商品に惜しみなく取り入れていく、という姿勢であり、ポルシェがいう「最新のポルシェが最良のポルシェ」だという考え方と共通の発想だと思えばわかりやすい。

そして、マツダの開発哲学の根底には、「次の時代のスタンダードを創造する」というテーマがあり、世の中のスタンダードとなるような製品とは何か?を踏まえながらユーザーへの提供価値を上げていくという考えがある。したがって今回のCX-3の商品改良にもそうしたテーマが裏側にはある。

分かりやすいところでは、最近耳にする「マツダプレミアム」という言葉だ。意味することはプレミアムモデル=高級車だ。マツダプレミアムは、単に高級車にしたい、ということではなく、ユーザーがそうした開発哲学も理解し、提供される価値観の共有ができることを、マツダプレミアムと表現していて、それはお金では買えないユーザーとの絆はプレミアムな価値があり、それがマツダの商品であるといういるわけだ。

したがって、今回のCX-3で言えば、パーソナルユースに優れたボディサイズに、スタンダードとしての静的・動的質感、安全性能、環境性能の全てを最新化した改良ということで、クルマはあくまでも量産、大衆という枠組みの中で、他車にはない価値観を持ったプレミアムな車両を提供するということになる。

さて、具体的に何がどのように改良されたのか、さっそくお伝えしよう。CX-3はBセグメントサイズに分類されるスモールコンパクトカーで全長4275mm、全幅1755mm、全高1550mm、ホイルベース2570mmというボディサイズ。立体駐車場にも入るアーバンスタイルなクロスオーバーSUVだ。

大幅改良のポイントは4つ。1:操安性、乗り心地、静粛性の進化2:Skyactiv ガソリン、ディーゼルエンジンの進化3:デザインの進化4:安全性能の進化ということになる。

▼特別仕様車 フォトギャラリー

■■ダイナミック性能の進化とはこの領域のキーとなるポイントは、安心して意のままにクルマを操る楽しさであり、その対極にあるのが「乗り心地」「操縦安定性」ということになる。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス