最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

これが愛媛「刑務所脱走男」23日間の「生き延びルート」だ(3)観光名所になった逮捕場所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バイクでJR呉線の安芸長浜駅に到着した平尾受刑者は、電車で広島に向かった。同駅を訪れると、無人駅ではあるものの、駅舎は立派で風雨をしのげる造り。電車の本数は少ないが、しばらく心を落ち着けていたのではないだろうか。

30日深夜2時頃、広島駅近くにあるカープロードの弁当店のゴミ箱をあさる、平尾受刑者と見られる男の目撃談があった。これが正しければ、平尾受刑者は29日中に広島駅に到着していたことになる。

その6時間後に平尾受刑者がいたのは、すぐ近くのネットカフェ。ここに3時間ほど滞在していた。

「ネットカフェに入った理由は情報収集。ケータイを持っていないためです。あとは、逃走の協力者と連絡を取ろうとしたかもしれない。かつて福岡で事件を起こした時にも、共犯者がいましたから」(小川氏)

ところが、シャワールーム利用時に、女性店員が平尾受刑者に似ていると気づき、上司に報告。退店後に110番通報が入った。

ちなみに、同店のシャワールームは広く、無料で利用できるが、バスタオル(300円)などを別途購入しなければならず、窃盗男には負担が大きかったはずだ。だが、鏡は大きく、ひげも剃りやすい。逮捕時、眉毛が整えられ、不精ひげも生えていなかったが、この場所でひとまず生まれ変わったのだろう。退店した平尾受刑者は、比較的大きな通りを悠然と歩き出す。しかし、脱獄犯らしからぬ余裕もつかの間、ネットカフェからの通報で、警戒していた警官についに見つかってしまう。

急いで脇道へそれ、思わずサンダルも脱げたまますっ飛んでいく。だが、付近の小学校の塀を飛び越えて、敷地内に逃げようとしたところを引きずり降ろされた。通報からわずか10分ほどの出来事だった。

実際に塀を登ろうとしてみたが、足をかける部分こそあるものの、コケが生えていて滑りやすい。警官に追われていなくとも、メタボの中年記者には厳しかった。気づけば、若いカップルの女性も登ろうとしたり、家族連れが「ここだよ」と指さす光景も。すっかりGWの観光名所の一つになっているようだった。

足取りを実際に追うと、平尾受刑者の運動能力の高さがよくわかった。子供の頃から逃げ足が速く、手癖も悪かったことから「ルパン」というアダ名もついたという。現実世界で、怪盗の逃げ切り勝ちとはならなかったが‥‥。

外部リンク(アサ芸プラス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス