最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

スタイナー・ブラザース 仲よし兄弟の“おそろいのプロレス”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第78話>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


顔はあまり似ていないけれど、体つきとレスリング・スタイルはうりふたつの正真正銘の兄弟コンビ。

ごついアゴひげをたくわえて髪をクルーカットにしているほうが兄リック(身長180センチ、体重127キロ)で、背がちょっとだけ高くて髪が長いほうが弟スコット(身長185センチ、体重125キロ)。

1990年代を代表するタッグチームで、WCW、新日本プロレス、WWEの日米メジャー3団体でタッグ・チャンピオンとして活躍した。

仲のいい兄弟らしく、いつもおそろいのアマチュア・レスリング式のシングレットを身につけていた。

ミシガン州ベイシティー出身のスタイナー兄弟はミシガン大アマレス部出身で、ふたりともオール・アメリカン選抜選手。スコットはNCAA選手権6位(190ポンド級=1986年)。

プロレス転向は兄リックのほうが1年早く、ミネソタ州ミネアポリスでエディ・シャーキーのコーチを受けるはずだったが、「この選手はすぐにでもデビューできる」と判断したシャーキーが、元オリンピック代表選手でプロレスラー兼コーチのブラッド・レイガンズに“補習”だけを依頼したという。

弟スコットは、ミシガン大在学中に地元デトロイトでザ・シークからプロレスの“つぼ”とプロフェッショナルとしての心がまえをコーチされた。

リックはルーキー時代はAWA、カナダ・モントリール、ミッドサウス地区(ルイジアナ、ミシシッピ、オクラホマ)をサーキット。

スコットはまったく別のルートでインディアナポリスWWA、テネシーを約3年間サーキット。1989年にNWA/WCWでようやくリック&スコットのスタイナー・ブラザースとしての活動をスタートさせた。

チーム結成当時は、ルックスがあまり似ていないこととデビューからのツアー・コースがリンクしていないことから「あのふたりはほんとうの兄弟ではない」とウワサされた。

スタイナー兄弟のトレードマークは、オリジナルの各種スープレックス、オリジナルの合体殺法の数かずだった。

リックは“投げっぱなしジャーマン”、“空気投げパワースラム”などを独自にアレンジし、スコットは垂直跳びスタイルのフランケンシュタイナー、スタイナー・スクリュードライバー(ブレーンバスター式パイルドライバー)、テキーラ・サンライズ、オーバーヘッド・ベリー・トゥー・ベリー・スープレックスといった危険度の高い落下技の数かずを開発した。

スタイナー兄弟としての初来日(リックは1987年=昭和62年2月に単独来日)は新日本プロレスの『91スターケードIN闘強導夢』東京ドーム大会(1991年=平成3年3月21日)。

馳浩&佐々木健介を下し、いきなりIWGPタッグ王座を奪取した。リックとスコットのオリジナルの合体殺法と変形スープレックスのレパートリー、スコットのフランケンシュタイナーにドームが揺れた。

レスリング・ポリティックスは苦手だったようで、1992年にWWEと契約したが2年で退団。

1996年に新たにWCWと専属契約したが、1990年代後半になるとWCW首脳陣は“マンデー・ナイトロ”の連続ドラマのストーリー展開としてスタイナー兄弟の“仲間割れ”を演出し、スコットはnWoメンバーとしてシングルプレーヤーに転向。ハルク・ホーガンの勧めで髪を金髪に染めて“スーパースター”ビリー・グラハムのミレニアム・モデルに変身した。

じつは、この時点でリックもスコットも首と腰に故障を抱えていた。

WCW崩壊後は、スコットだけが“大物FA”としてWWEと契約(2002年10月)。リックは、フリーの立場でインディー団体で活動をつづけながらハーリー・レイス主宰のWWLに協力。レイスのブッキングでプロレスリング・ノアのリングにも上がった(2004年8月)。

スタイナー兄弟はチームを解散したわけではなくて、それぞれがそれぞれのペースでソロ活動。気が向いたらまたどこかのリングでタッグを組むかもしれないし、引退宣言はせず、このままフェードアウトしてしまうつもりなのかもしれない。

●PROFILE:スタイナー兄弟Rick&Scott Steiner

兄リックは1961年3月9日生まれ、本名ロブ・リクスタイナー。1985年、デビュー。弟スコットは1962年7月29日生まれ、本名スコット・リクスタイナー。1986年、デビュー。IWGPタッグ王座、WCW世界タッグ王座(通算6回)、WWE世界タッグ王座(通算2回)などを保持。2000年、リックの長期欠場(首の故障)でスコットはシングルプレーヤー転向した。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス