永野芽郁×豊川悦司、“ボーダーかぶり”に照れ笑い【朝ドラの裏側をのぞきたい!(14)】

ザテレビジョン

2018/5/17 08:20

第7週を放送中の連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。5月17日(木)にオンエアされた第40回では、秋風(豊川悦司)の大切なネームが行方不明に。鈴愛(すずめ、永野芽郁)が掃除をした際に捨ててしまったのではないか、と疑われる展開が描かれた。

■ 永野芽郁が無邪気に発見!

鈴愛が秋風に問い詰められるシーンは、撮影現場にも普段とは違った緊張感が漂う。モニターに映される鈴愛の“やってまった”な表情に、見守る側もなぜかしょげてしまう。親しい友人が先生のお説教を受けていると、こちらまで反省モードになってしまう…そんな感覚を思い出す。

だが、カットがかかると一転。和やかな雰囲気に戻る。中でも、永野と豊川が立ち位置を確認するため並んだ時、永野が「あっ…!」。

鈴愛と秋風の服装が、“ボーダー”柄でかぶっていることに気付いたらしい。「おそろいっ」とつぶやき、はにかんでいた。

■ あと5m?

このシーンでもう1つ印象的なのが、井川遥演じる菱本の長せりふ。「先生、お言葉ですが、可燃ごみは回収されると同時に“パッカー車”というゴミ圧縮車に投入され…」と、ゴミが処理される仕組みと、捨てられた物を追うのがどれだけ無謀かを、早口で一気に説明しきるのだ。

井川は休憩時間にもセットに残り、暗唱をくり返していた。だが、本番では長せりふの終盤、あと一息というところでNGが。

井川から怒濤のせりふを浴びせられる豊川も思わず笑みをこぼし、「95m走ったのになぁ…!」。そんな粋な一言に、キャストやスタッフたちから爆笑が起きた。

■ 見逃しても安心!今日のあらすじを“知りたい!”

・第7週「謝りたい!」第40回のあらすじ(5月17日[木]放送)

喫茶「おもかげ」で偶然の再会を果たした鈴愛(永野芽郁)と律(佐藤健)。律は鈴愛に、自分たちが住むところは近所で、晴(松雪泰子)と和子(原田知世)が仕組んだことだと伝える。

一方、秋風(豊川悦司)は突然、漫画の創作活動に没頭し始める。鈴愛は“新しい世界”が誕生する瞬間に立ちあえるのかと心を躍らせるが、やがてそのネームが行方不明に。掃除した際に、鈴愛が捨ててしまったのではないかと疑われる。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/147104/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス