最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

英ロイヤルウエディング直前!“ヤラセ写真”の花嫁父がまたお騒がせ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


いよいよ19日(土)にせまった英国王室のヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式。しかし、式を目前に控え、英国王室が結婚式に関する報道の「配慮」を要請する事態となっている。

メーガンさんの父トーマス・マークル氏が式に出席することは、今月に初めにケンジントン宮殿から発表されていた。しかし、花嫁姿の娘とバージンロードを歩く予定だったというトーマスさんが、式への出席を取り止める意向を示し「すったもんだ」が起こっている。

花嫁父が欠席するとしたら、チャールズ皇太子もしくはウィリアム王子が代わりにエスコート役を歩くとも噂されている中、最終的にメーガンさんの母ドリア・ラグランドさんが、新婦を送り出すその役目を果たすことになるだろうと芸能メディア「TMZ」は報じている。

一方、メーガンさん本人は現在、式への不参加を決めた父親の気持ちを変えるのに必死であるとの情報もある。関係者はメールオンラインにこう話す。

「彼女にとって父親がその場にいて欲しいのは明らかです。彼が式に参加しないというのは、彼女の望むところではありません」

このように報道が過熱する中、英国王室は次のような声明を発表した。

「(花嫁父親のトーマス・)マークルさんにとって結婚式直前の数日はとても大切な時間です」

「ヘンリー王子共々、(トーマス・)マークル氏へのご理解とご配慮を重ねてお願い申し上げています」

花嫁父のトーマスさんはここ最近、パパラッチと組んで娘の結婚式を思う自身の姿を捏造し、世界の報道機関に10万ポンド(約1500万円)で売却したというスキャンダルが報じられていた。

その報道に関しては、メーガンの異母姉サマンサ・マークルさんが、「自分が父親のイメージアップを図るためにやったことだった」とトーマスさんを庇う証言をしている。

TMZはこれまで、このやらせ写真報道で、トーマスさんが王室に迷惑をかけたくないとして欠席を決断したと伝えていたが、ここにきて新たな情報も。

TMZによると、トーマスさんは16日に心臓手術を受けるため、結婚式に出席できないことを改めて明らかにしたという。

トーマスさんの気持ちが変われば、体調次第で「やはり出席」という可能性もゼロではないかもしれない。しかしいずれにせよ実の父によって式の予定に混乱が生じてしまったことに、花嫁であるメーガンさんも心痛な思いだろう…。

世界が注目するロイヤルウエディングが無事執り行われるよう祈りたい。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>


外部リンク(女子SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス