最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

美容ライター“自腹買い”の本気推しコスメ4選!NARS「どんなメイクにも合うチーク」etc.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「新しいリップが欲しい!」「スキンケアを変えたいな…」と思っても、数あるブランドの中のどれにするかを選ぶのは至難の業。筆者もこれまで、何となく良さそう…と衝動買いをして失敗した経験は数え切れないほどあります。

そこで今回は美容ライターの筆者が2018年春に自腹買いをしたコスメの中から、満足度の高かった激推しアイテムを4点ご紹介したいと思います。

◆時間が経ってもキレイ♪ 血色UPのリップティント

ボビィ ブラウン【エクストラ リップティント03ベアメロン】

これはもう優秀すぎてリピ確定のリップです。ティントなのに保湿力が驚くほど高く、色付きがナチュラル。何といってもティントにありがちな時間が経つと蛍光ピンクになってしまうあの現象がないんです。

筆者が使っている[03ベアメロン]は、つけるとちょっぴり赤みのある自然なオレンジ。「自分の唇本来の色にちょっぴりカラーを足して血色を良く見せてくれる」くらいの控えめ発色なので、近所に買い物へ行く時やナチュラルメイクの時に重宝しています。

しっかりメイクの時にはリップの下地として使うと色持ちがUPし、乾燥対策にもなりますよ。

◆季節の変わり目、ゆらぎ肌にはいつもコレ!

トリロジー【バイタル モイスチュアライジング クリーム】

2年ほど前から同ブランドのローズヒップオイルと併せて愛用していたこちら。ここ4ヶ月ほど他社製品に浮気をして使っていなかったのですが、乾燥や花粉による肌荒れに悩み、ふと思い立ってこのクリームに戻してみたところゆらいでいた肌が嘘のように落ち着いてくれて良さを再確認しました。

みずみずしくなめらかなクリームで、筆者はここにローズヒップオイルを2~3滴混ぜて使用しています。肌の表面のみを潤すのではなくきちんと内部にまで潤いを届けてくれている感覚があり、これを使っていると季節の変わり目や花粉の時期、生理前などの肌トラブルが激減します。

◆どんなメイクとも相性バツグン、万能すぎるチーク

NARS【ブラッシュ 4013オーガズム】

ナーズのチークの中でも特に人気の高い、言わずと知れたこのカラー。使用している人が多い定番色だけに気になりつつも今まで何となく敬遠していたのですが、いざ使ってみると万能すぎてなぜもっと早く購入しなかったのだろう…と後悔。

カラーはピーチピンクで肌なじみが良く使いやすい色み。ぎっしり入ったゴールドのパールが肌の上できれいなツヤ感を演出してくれて、くすみが気になる時でも一気に顔色が華やぎます。

チーク自体さまざまなブランドのものを何種類も持っていますが、どんなメイクとも相性が良いので迷った時にはつい手に取ってしまう出番多めのチークです。

ルベル【モイ バーム ウォークインフォレスト】

モイバームは髪だけでなく身体にも使える自然由来成分100%のマルチバーム。最近髪型をショートにしたので新しいスタイリング剤を…と購入したところ、想像以上に良くてすっかり虜になってしまいました。

バームを取って両手のひらでこすり合わせるように伸ばすと、手の熱でバームが溶けてオイル状になります。

程よいセット力と潤い感で、オイル配合なのに全くべたつきません。そして毎朝のスタイリングが楽しみになるほど、とにかく香りが最高なんです。サンダルウッドとユーカリをベースにした癒される香りは持続するのにくどくない!

ハンドバームとしても使えるので、髪に使った後は手を洗わずそのまま手や腕になじませています。面倒くさがりとしてはそこも好感度高し。

どれも筆者の中でこの春大ヒットした、声を大にしておすすめしたいアイテム。気になるものがあった方は是非チェックしてみてくださいね♪

―鈴木美奈子のビューティ&家事コツ―

<TEXT/鈴木美奈子>

⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【鈴木美奈子】

雑誌の読者モデルから2児のママに。現在はライターとして、コスメ・美容、家事コツなどの記事を執筆。


外部リンク(女子SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス