大きさ関係なし!? 麦ってなんで『大』と『小』があるの?

grape

2018/5/17 04:50

毎週月~金曜日 朝7:37から『飯田浩司のOK!Cozy up!』内にて放送している『鈴木杏樹のいってらっしゃい』。
鈴木杏樹さんが毎週異なるテーマの楽しい話題で『いってらっしゃい』とあなたを見送ります。

今から約1万年前には、麦の栽培が始まっていたそうです。当時はまだ『小麦』と『大麦』の区別がなく、豆や雑穀と混ざったままの状態で平らな石の上にのせて、石で叩いたりして砕いたものを焼いて食べていたそうです。

参考までに、『小麦』と『大麦』の違いですが、『小麦』には『グルテン』というタンパク質が、豊富に含まれています。小麦粉に水を加えてこねると、粘りや弾力性が出て来るのはこの『グルテン』によるものです。そのため小麦粉を使った食品、例えば『パン』はふっくらして、うどんやパスタなどの麺類は、細長い形にすることが出来ます。

それに対して『大麦』には基本、『グルテン』は含まれていません。『小麦』に比べて吸水率に優れていて、麦ご飯や味噌、ビールの原料として使われています。

この『小麦』と『大麦』という名前ですが、英語では『小麦』は『wheat』で、『大麦』は『barley』です。『Small wheat』とか『Big wheat』という言い方はしません。それが日本語の名前になると『小』と『大』が付く理由ですが、その由来には諸説あります。

一説には『小麦』は元々、粉にして使われることが多いから“こむぎ(粉麦)”と呼ばれていた・・・とか古くから生産されていることから“こむぎ(古麦)”さらに“使い道が小さい(少ない)麦”ということで、『小麦』と呼ばれるようになった・・・と言われています。

それに対して“使い道が大きい(多い)麦”ということで、『大麦』と呼ばれるようになったそうです。

他にも『大麦』の場合、成長途中の葉っぱの大きさが『小麦』よりも大きく見えることから、『大麦』と呼ばれるようになった・・・という説もあります。

(2018年5月8日放送分より)

[提供/ニッポン放送 鈴木杏樹のいってらっしゃい・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ