おなじ朝でも、時間のながれ方がまったく違う場所

TABILABO

2018/5/17 06:00


一週間ほどニュージーランドを旅したなかで、忘れられない朝がありました。クライストチャーチにあるボタニックガーデンを訪れた時のことです。

すこし肌寒い空気に包まれたその場所は、子どもの時に図鑑で見たような花々が咲き、朝露にぬれた緑色の芝生が広がっていました。まるで、誰もいない美術館にある絵画のなかを歩いているような気分に。

誰にも、何者にも邪魔されない静寂の中を歩いていてふと思ったんです、東京でも、こんなに穏やかな朝をゆっくり迎えられたらいいのになぁって。

人ごみじゃなく、
ガーデンの中を散歩したい


Licensed material used with permission by Mikako Kozai

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス