最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【宮城・鳴子温泉郷】おすすめの日帰り温泉14選!露天風呂や貸切風呂も♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



古くから東北の湯治場として知られる「鳴子温泉郷」。
今回は、主に5つの温泉地から成る鳴子温泉郷の中から、【鳴子温泉】&【東鳴子温泉】の日帰り温泉施設をご紹介!露天や貸切風呂もあります♪

日本にある11の泉質のうち、なんと9種類がこの鳴子温泉にあり、源泉の数は400本近くに及ぶという、まさに日本屈指の湯の里です。
とろとろ気持ちいい温泉に浸かった帰りは、しっとり肌の湯あがり美人になれちゃうかも♪

鳴子温泉をあちこちめぐってみるなら、各旅館や鳴子観光・旅館案内センターで販売している「湯めぐりチケット」がおすすめです。チケットに付いている6枚のシールは施設に応じた枚数が使え、現金よりも手軽でお得。
湯めぐり参加の施設なら、宿泊しなくても日帰り入浴を楽しめますよ。

※温泉の泉質上、石鹸やシャンプーが使えない施設もあるので入浴時に確認してくださいね。

記事配信:じゃらんニュース
1.大江戸温泉物語 ますや

四季の彩りを映す鳴子の景色とともに、体の芯から温まる硫黄泉を楽しんで
大江戸温泉物語 ますやさらりとした湯ざわりの温泉。やわらかな肌あたりも硫黄泉ならでは大江戸温泉物語 ますや東北の山々と鳴子の街並み、そよ風を感じながら温泉に浸かる幸せ
2016年にリニューアルし、ますますゆったりとくつろげる「大江戸温泉物語 ますや」。宿泊や食事はもちろん、やわらかな泉質の温泉を日帰りで楽しむこともできます。

硫黄泉をベースにした加水のお湯は、肌に優しい「美人の湯」。湯あがりにしっとりとからまるお湯はとても気持ちよく、汗も疲れもさらりと流してくれます。

最上階に設けられた大浴場、露天風呂からは四季折々に変わる鳴子温泉郷の風情を楽しめます。新緑がまぶしい季節はもちろん、10月中旬~11月上旬の紅葉の時期もおすすめですよ。
大江戸温泉物語 ますや
住所/宮城県大崎市鳴子温泉字湯元82
日帰り入浴時間/14:00~18:00
定休日/火曜・木曜
アクセス/徒歩:「鳴子温泉駅」から5分、車:東北自動車道古川ICから40分
駐車場/なし ※鳴子温泉湯めぐり駐車場(約30台)を利用
料金/大人:湯めぐりシール【平日3枚】、【土・日・祝日4枚】
(現金の場合平日850 円、土・日・祝日1000円)
子ども:湯めぐりシール【土・日・祝日全て2枚】※平日は現金のみ
(現金の場合平日430円、土・日・祝日500円)
貸切/なし(宿泊の場合もなし)
露天風呂/男女各1(入替なし)
サウナ/なし
アメニティ/備えつけあり(ボディソープ、シャンプー、コンディショナー)
「大江戸温泉物語 ますや」の詳細はこちら
2.源蔵の湯 鳴子観光ホテル
美肌の湯として名高い鳴子の硫黄泉。御影石の内湯と檜の露天で楽しんで
源蔵の湯 鳴子観光ホテル男湯の大浴場には御影石造りの内湯と檜の露天風呂、上がり湯があり、気分に応じて楽しめる源蔵の湯 鳴子観光ホテル檜の澄みきった香りと温泉の香り、涼風が心地よい露天風呂源蔵の湯 鳴子観光ホテル女湯には、かの源義経によりそった「静御前」にちなんだ「静香の湯」が。
数百もの源泉があるといわれる鳴子温泉は、隣り合う施設でもお湯の色や成分が異なるそうです。
その鳴子温泉でおもてなしの歴史を重ね、丁寧なサービスと美食で名をはせる「鳴子観光ホテル」のいで湯は、やや緑がかったやわらかな乳白色で、さらりとした湯ざわりと、ほのかな硫黄臭が特長です。

旧屋号の「源蔵」に由来する男湯、源義経を愛した「静御前」にちなんだ女湯など、ネーミングもロマンティック。どちらも広々とした内湯と檜の露天風呂があり、心身を癒してくれます。

まろやかなお湯にゆっくり浸かった後は、しっとりお肌の美人になれちゃうかも。日帰りのみの利用も可能ですが、日常から離れた雰囲気の中で、美味しい食事を楽しむプランにしてもいいですね。
源蔵の湯 鳴子観光ホテル
住所/宮城県大崎市鳴子温泉湯元41
日帰り入浴時間/12:00~14:00
定休日/なし(点検等による休館日もあり)
アクセス/徒歩:「鳴子温泉駅」から3分、車:東北自動車道古川ICから35分
駐車場/あり(200台) ※鳴子温泉湯めぐり駐車場(約30台)も使用可
料金/大人:湯めぐりシール4枚(現金の場合1,080円)・タオル付き、
子ども:湯めぐりシール2枚(現金の場合540円)・タオル付き
貸切/なし(宿泊の場合貸切あり)
露天風呂/男女各1(入替なし)
サウナ/なし
アメニティ/備えつけあり(ボディソープ、シャンプー、コンディショナー)
「源蔵の湯 鳴子観光ホテル」の詳細はこちら
3.西多賀旅館
みどりの湯で身体を癒して、心もリラックス
西多賀旅館湧出時は無色透明なお湯。季節や温度に応じて色が変化西多賀旅館日帰りや湯めぐりでも、広間と個室で休憩できるので利用して
「一週間の疲れを、ここの温泉で癒したい」…そんな思いで毎週のように通い続けるファンもいて、ゆったりとくつろぐ姿が見られる西多賀旅館。
鳴子郷の湯治ウォーキングや、トレッキング帰りに心身を癒す宿としても、じわじわと愛好家を増やしています。

ほんのりと香る硫黄泉は、肌に優しくからまるような感触で、湯あがり後もさっぱり。鳴子で愛されてきた温泉と、小さな宿ならではの家庭的な雰囲気をお楽しみください。
西多賀旅館
住所/宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷78-3
日帰り入浴時間/10:00~16:00
定休日/なし
アクセス/徒歩:鳴子温泉駅から10分、車:東北自動車道古川ICから45分
駐車場/あり ※鳴子温泉湯めぐり駐車場(約30台)も使用可
料金/大人:湯めぐりシール2枚(現金の場合500円)、
子ども:湯めぐりシール1枚(現金の場合300円)
貸切/なし
露天風呂/なし
サウナ/なし
アメニティ/備えつけあり(ボディソープ、シャンプー)
「西多賀旅館」の詳細はこちら
4.東多賀の湯
木の香りと硫黄泉が優しくとけあい、日頃の疲れを癒してくれる
東多賀の湯木の湯船、木のすのこ、とろけるような泉質の温泉に旅の喜びを感じる東多賀の湯季節に応じた湯治こよみも楽しい。
江戸時代から湯治宿として愛用されてきた、歴史ある旅館の温泉も日帰りで利用できます。2016年にリニューアルして、木の温かみとかけ流し温泉の魅力を感じる施設になり、女性リピーターも急増中です。

季節に応じて乳白色になるお湯は、木の香りと硫黄泉が身体中に優しく染みわたるようで、ひとたび浸かるとなんともいえない幸福感。丁寧な接客や、ほっこりとした家庭的な雰囲気も人気の理由です。
東多賀の湯
住所/宮城県大崎市鳴子温泉字新屋敷160
日帰り入浴時間/11:00~14:00
定休日/なし
アクセス/徒歩:鳴子温泉駅から10分、車:東北自動車道古川ICから35分
駐車場/あり ※鳴子温泉湯めぐり駐車場(約30台)も使用可
料金/大人:湯めぐりシール2枚(現金の場合500円)、
子ども:湯めぐりシール1枚(現金の場合250円)
貸切/なし
露天風呂/なし
サウナ/なし
アメニティ/備えつけあり(ボディソープ、シャンプー、コンディショナー)
「東多賀の湯」の詳細はこちら
5.ホテルたきしま
通好みの石造りの内湯!濃いめの「薬湯」がじんわりと
ホテルたきしま家族風呂としての利用もできるので相談をホテルたきしまじわじわと身体に染み入そうな「薬湯」
四季折々の花が咲き誇るフラワーボックスが迎える国民宿舎「ホテルたきしま」。素泊まりから長期滞在までリーズナブルできる嬉しい国民宿舎ですが、こちらは知る人ぞ知る、日帰り温泉施設としても有名なんです。

その理由は無循環・無加温・無濾水の自家源泉からたっぷりと湧いた「薬湯」。地下にある秘密めいた石造りの内湯は、扉を開けた瞬間に鉱物的な香りが漂い、湯気だけでもお肌に効きそうです!

「源泉100%のお湯でじっくり湯治して、身体を整えたい」という人にもおすすめ。家庭的なふれあいの宿で、ゆったりとくつろいでくださいね。
ホテルたきしま
住所/宮城県大崎市鳴子温泉字新屋敷28-1
日帰り入浴時間/9:00~18:00
定休日/なし
アクセス/徒歩:鳴子温泉駅から7分、車:東北自動車道古川ICから40分
駐車場/あり ※鳴子温泉湯めぐり駐車場(約30台)も使用可
料金/大人:湯めぐりシール2枚(現金の場合500円)、
子ども:湯めぐりシール1枚(現金の場合300円)
貸切/なし(宿泊の場合貸切あり)
露天風呂/2つあり(順番待ちあり)
サウナ/なし
アメニティ/備えつけあり(ボディソープ、シャンプー、コンディショナー)
「ホテルたきしま」の詳細はこちら
6.大江戸温泉物語 幸雲閣
黒湯、白湯、混合湯。3種の泉質を湯めぐりで楽しめる
大江戸温泉物語 幸雲閣栗駒国定公園として知られる、鳴子温泉郷の自然を一望できるのも魅力大江戸温泉物語 幸雲閣大浴場(男湯)。広がる四季折々の風景と、なめらかな湯の恵みを実感
千年を越える歴史を持ち、バラエティ豊かな泉質を誇る鳴子温泉郷。その中でも歴史のある「車湯」は、なんと黒い湯花が舞うという、珍しい温泉なんです。

宿泊から湯めぐりまで楽しめる「幸雲閣」の自慢は、鳴子温泉郷でも最大級の広さを誇る「百畳露天風呂」!男湯、女湯ともそれぞれ約50畳の広さで、屋内外を行き来しながら3種のお湯をゆったりと楽しめます。

日帰りであれば、この6階の大浴場のみの利用となります。鳴子の大自然を眺め、自慢の湯にじっくりと浸りながら、日頃の疲れを癒してくださいね。
大江戸温泉物語 幸雲閣
住所/宮城県大崎市鳴子温泉字車湯17
日帰り入浴時間/14:00~18:00(最終入場17:30)※月曜日と金曜日の利用時間は15:00~18:00(最終入場17:30)
定休日/なし
アクセス/徒歩:鳴子温泉駅から15分、車:東北自動車道古川ICから40分
駐車場/あり ※鳴子温泉湯めぐり駐車場(約30台)も使用可
料金/大人:湯めぐりシール【平日3枚】、【土・日・祝日4枚】
(現金の場合平日850 円、土・日・祝日1000円)
子ども:湯めぐりシール【平日・土・日・祝日全て2枚】
(現金の場合平日430円、土・日・祝日500円)
貸切/なし(宿泊の場合も貸切なし)
露天風呂/男女各1(入替なし)
サウナ/なし
アメニティ/備えつけあり(ボディソープ、シャンプー、コンディショナー)
「大江戸温泉物語 幸雲閣」の詳細はこちら
7.ホテル亀屋
露天風呂と内湯で温泉三昧!やみつきの黒湯(重層水)も体験して
ホテル亀屋日本情緒あふれるエントランス。「まろやかな心でおもてなしします」ホテル亀屋外の景色も楽しめる内風呂「鶴の子」のとろとろのお湯は、まさに「美人の湯」ホテル亀屋薬のような香りが心身に沁みる「黒湯」
鳴子温泉郷のけわしい山々をバックに建ち、おもてなしの歴史を誇る「ホテル亀屋」。宿泊や宴会はもちろん、日帰り温泉や湯めぐりでも気軽に立ち寄れる嬉しい旅館です。

日帰り入浴は1階の露天風呂と、内風呂「亀の子」と「鶴の子」の利用のみです。露天風呂からは、JR陸羽東線の電車がゴトンゴトンと走る姿が時折見え、そののどかな風景も心を癒してくれます。

日帰りの立ち寄り湯のほか、和室で昼食を楽しめる、お食事つきの日帰り入浴プランもあるのでおすすめです。宿泊ならぜひ、春夏秋冬の趣を映す大自然を一望できる、展望台浴場温泉にゆっくり浸かってくださいね。
ホテル亀屋
住所/宮城県大崎市鳴子温泉車湯54-6
日帰り入浴時間/12:30~15:00まで
定休日/なし
アクセス/鳴子温泉駅からタクシーで3分、車:東北自動車道古川ICから50分
駐車場/あり ※鳴子温泉湯めぐり駐車場(約30台)も使用可
料金/大人:湯めぐりシール3枚(現金の場合700円)、
子ども:湯めぐりシール2枚(現金の場合350円)
貸切/なし(宿泊の場合貸切あり)
露天風呂/男女各2(入替なし)
サウナ/なし
アメニティ/備えつけあり(ボディソープ、シャンプー、コンディショナー)
「ホテル亀屋」の詳細はこちら
8.旅館 弁天閣
お肌に優しく、しっとりと潤うアルカリ系の泉質で、憧れの湯あがり美人に
旅館 弁天閣開放感あふれる貸切露天風呂。晴れ晴れとした空と、鳴子の大自然を感じながら浸かって旅館 弁天閣冬季11月頃から4月までは、眼下を流れる江合川に羽根を休める白鳥の姿が見られるとか
「旅館 弁天閣」の最上階にある展望風呂のお湯は実になめらかで、窓からは四季折々の風趣を映す鳴子温泉郷の大自然も楽しめます。宿泊やお食事はもちろん、温泉は「日帰り入浴(日帰り温泉)」にも対応しており、他にも2つの貸切露天風呂を利用できるのが嬉しいところです。

弁天閣の温泉は「美肌の湯」と呼ばれる純重曹泉で、特に女性に人気です。硫酸イオン、ナトリウムイオン、塩素イオン、炭酸水素イオンといった4つの成分がお肌に磨きをかけてくれます。

心も身体もあたたかく満たしてくれる、「美肌の湯」へぜひ立ち寄ってくださいね。
旅館 弁天閣
住所/宮城県大崎市鳴子温泉字車湯 87 番地
日帰り入浴時間/11:00~15:00
定休日/なし
アクセス/鳴子温泉駅からタクシーで3分、車:東北自動車道古川ICから40分
駐車場/あり ※鳴子温泉湯めぐり駐車場(約30台)も使用可
料金/大人:湯めぐりシール2枚(現金の場合500円)、
子ども:湯めぐりシール1枚(現金の場合300円)
貸切/貸切露天風呂あり(宿泊の場合、無料で貸切)
露天風呂/貸切(日帰り入浴の場合、料金は別途)
サウナ/なし
アメニティ/備えつけあり(ボディソープ、リンスインシャンプー)
「旅館 弁天閣」の詳細はこちら
9.滝の湯
もうもうと立ち昇る硫黄の湯気。鳴子の真髄が詰まった共同浴場
滝の湯季節や気温によって、温泉の色や香り、温度は微妙に変化する 出典:じゃらん 観光ガイド滝の湯滝の湯昔ながらの共同湯に惹かれる人におすすめ。大人150円でディープな極楽気分! 出典:じゃらん 観光ガイド滝の湯
「滝の湯」は鳴子の温泉街のほぼ中心にある共同浴場であり、鳴子温泉神社の御神湯として約千年の歴史を持つ古湯です。気軽な立ち寄り湯として知られ、鳴子温泉のディープな魅力に迫りたい人におすすめです。

加温・加水をしていない、湧き出たままのお湯に贅沢に浸れます。天候や季節によってお湯の温度や色は変わりますが、大きいお風呂はやや熱めです。硫黄臭を含む湯気がもうもうと立ち昇り、うたせ湯スタイルでお湯が注がれる光景は、昔ながらの温泉ファンにはたまりません。

お湯の酸性が強いため石鹸やシャンプーが使えず、シャワーもないため、ひたすらお湯に浸かるべし。鳴子に来たぞ!という満足度も最高です。

通いなれている地元の人や観光客でよくにぎわっているので、鳴子のコアな魅力を大いに語るのもいいですね。
滝の湯
住所/宮城県大崎市鳴子温泉湯元地内
日帰り入浴時間/7:30~21:30(最終受付)、22:00閉館
定休日/なし
アクセス/徒歩:鳴子温泉駅から3分、車:東北自動車道古川ICから40分
駐車場/なし ※鳴子温泉湯めぐり駐車場(約30台)を利用
料金/大人:湯めぐりシール1枚(現金の場合150円)
子ども:現金のみ・100円
貸切/なし
露天風呂/なし
サウナ/なし
アメニティ/備えつけなし
「滝の湯」の詳細はこちら
10.鳴子早稲田桟敷湯
早稲田の学生たちの熱い物語から生まれた、まちの共同湯
鳴子早稲田桟敷湯早稲田湯通り沿いにある共同浴場鳴子早稲田桟敷湯左:貸切露天風呂、右:男湯。どちらもモダンな造り鳴子早稲田桟敷湯学生の熱意と住民の愛がはぐくんだ、まさに熱い共同湯!
昭和23年夏、ボーリング実習のためこの地を訪れた、早稲田大学の学生7人。鳴子の人びとのあたたかな応援に支えられ、夏の終わり、ついに温泉の掘削に成功。”早稲田湯”と名付けられたのです。

平成10年、早稲田大学研究室の設計により、脱衣所や大きな湯船を備えたモダンな建築に一新しました。きれいで使いやすい建物には畳敷きの中桟敷もあり、温泉プラス地域文化の発信地として広く愛されています。

硫黄臭を含む温泉はやや熱めで、湯船には湯の花がちらちら浮かんで本格的。シャワーもあるので、湯あがりの肌をさっぱりと流すのもおすすめです。

「温泉神社」の言葉にかけた「温泉ジンジャー」や、温泉熱を利用して作った乾燥野菜など、ここでしか買えない限定の土産も販売しているので、お見逃しなく!
鳴子早稲田桟敷湯
住所/宮城県大崎市鳴子温泉字新屋敷124-1
日帰り入浴時間/9:00~21:30
定休日/なし
アクセス/徒歩:鳴子温泉駅から3分、車:東北自動車道古川ICから40分
駐車場/あり ※鳴子温泉湯めぐり駐車場(約30台)も使用可
料金/大人:湯めぐりシール3枚(現金の場合540円)、
子ども:湯めぐりシール1枚(現金の場合320円)
貸切/あり(露天風呂)
露天風呂/なし
サウナ/なし
アメニティ/備えつけあり(ボディソープ)
「鳴子早稲田桟敷湯」の詳細はこちら
11.旅館大沼
湯守が日々守り続けるかけ流し温泉宿に、8つの個性的なお風呂が!
旅館大沼薬師千人風呂 (含食塩・芒硝―重曹泉)。旅館大沼庭園貸切露天も平日のみ日帰りでも貸切可!
JR鳴子湯殿駅を最寄駅とする「東鳴子温泉」も、古くから湯治場として開けた温泉街です。8つもの個性的な風呂があり、新たな現代湯治の提唱で知られる、この「旅館大沼」でも、気軽に立ち寄れる日帰り温泉を用意しています。

日帰りで利用できるのは、女性専用の「天女風呂」、無料貸切にも対応できる「家族風呂」、「アロマテラピーふかし風呂(無料貸切可)」、広々とした湯船の「薬師千人風呂」の5つです。
さらに庭園貸切露天は平日限定・1日3組まで、宿の4階にある「陰の湯」と「陽の湯」も平日限定で貸切にできるので、湯船のひとりじめも夢ではありませんよ。

湯治への熱い想いを抱く湯守が代々受け継ぐ温泉は、じわじわと心身に沁みるような温かさ。湯あがりも、大地のパワーをチャージできたことを感じるはずです。

身体と心が喜ぶ、自然に恵まれた温泉をぜひ体感してください。
旅館大沼
住所/宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯34
日帰り入浴時間/11:00~14:00
定休日/なし
アクセス/徒歩:鳴子御殿湯駅から5分、車:東北自動車道古川ICから30分
駐車場/あり
料金/大人:湯めぐりシール2枚(現金の場合500円)、
子ども:湯めぐりシール1枚(現金の場合300円)
貸切/8つのお風呂のうち5つ対応(一部有料)
露天風呂/1つあり(離れ)
サウナ/なし
アメニティ/備えつけなし
「旅館大沼」の詳細はこちら
12.いさぜん旅館
豊富な湯量を誇る家庭的な湯治旅館で、まったりと湯めぐり
いさぜん旅館旅館の地中から湧き出る、自然のままのお湯。ナトリウムが豊富で、湯あがりのしっとり感も長く続くいさぜん旅館大きな窓が広がる大浴場。豊かな湯量と高い温度を誇るお湯にじっくりと
いさぜん旅館の敷地内からこんこんと湧き出るお湯は、地元の共同浴場にも引湯されるほど、豊富な湯量を誇ります。古くから湯治のできる宿として愛され、「天恵の名湯」といわれるほどパワーのあるお湯に、日帰りでも浸かれるというから嬉しいですね。

「ノンちゃんの湯 露天風呂付中浴場」も、湯量や成分の配合を、しっかりと調整してくれているため、特に女性に好評だとか。入浴後は、やや冷たいシャワーを浴びると、より美肌に良いとのことですよ。

大浴場・中浴場は男女交代制なので、どちらに入れるかは当日のお楽しみ。ペア入浴タイプの貸切風呂もあるので、鳴子へのドライブデートの際に立ち寄るのもいいですね。
いさぜん旅館
住所/宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯11
日帰り入浴時間/10:00~20:00
定休日/なし
アクセス/徒歩:鳴子御殿湯駅から3分、車:東北自動車道古川ICから40
駐車場/あり
料金/大人:湯めぐりシール2枚(現金の場合500円)、
子ども:湯めぐりシール1枚(現金の場合300円)
貸切/あり
露天風呂/あり
サウナ/なし
アメニティ/備えつけあり(ボディソープ、シャンプー、コンディショナー)
「いさぜん旅館」の詳細はこちら
13.旅館紅せん
豊かな自然を眺めながら、天然成分たっぷりの温泉に浸かる幸せ
旅館紅せん江合川河畔の小高い丘の上にある大浴場は、景色もバツグン旅館紅せん紅せん自慢の岩組み露天風呂
東鳴子温泉郷の東に位置し、大自然の眺望や街並みを一望できる「旅館紅せん」の温泉は、敷地内から湧いたもの。所有する6つのお風呂(貸切露天風呂1、男女別のお風呂2と併設の露天風呂2、内湯の貸切家族風呂1)にたっぷりの湯量を供給しています。

「ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉」を含むお湯は、適度な温度でお肌にさらりとからむような湯ざわり。湯もちもよく、次の日の朝まで温もりが残っている感じで、良く体を温めてくれます。

大浴場や岩組み露天風呂、家族風呂は、日帰りでも気軽に利用できるのが嬉しいところ。自慢のお湯と、雄大な景色を楽しめる貸切露天風呂は宿泊のみの利用ですので、次回は宿泊の予約をしていくのもいいですね。
旅館紅せん
住所/宮城県大崎市鳴子温泉字久田83-4
日帰り入浴時間/12:00~15:00
定休日/なし
アクセス/徒歩:鳴子御殿湯駅から7分、車:東北自動車道古川ICから30分
駐車場/あり
料金/大人:湯めぐりシール2枚(現金の場合500円)、
子ども:湯めぐりシール1枚(現金の場合300円)
貸切/宿泊の場合のみ貸切可、日帰りは貸切不可
露天風呂/男女各1(入替なし)、貸切露天風呂
サウナ/なし
アメニティ/備えつけあり(ボディソープ、シャンプー、コンディショナー)
「旅館紅せん」の詳細はこちら
14.高友旅館
暗緑色の「黒湯」&4種のお湯が、ガツンと身体に染みる
高友旅館純天然ラジウム泉が黒々とたたえられた、大浴場「黒湯」。高友旅館男性用「ひょうたん風呂」。黄色と黒が入り混じった温泉に期待が高まる高友旅館女性用「ラムネ風呂」。地中から湧き出たばかりのお湯をそのまま湯壷に
疲れた身体にガツンと効くような、パワーたっぷりの温泉に浸かりたい!そんな人は、豊富な湯量と成分を誇る鳴子温泉郷の中でも、4つもの個性的な泉質を楽しめる高友温泉の「黒湯」はいかがでしょう?

オリーブの色を思わせる黄黒色の「黒湯」は、地中から湧出したばかりの新鮮なお湯。プチプチと沸きあがる天然の気泡が身体に優しくまとわり、凝り固まった疲れをどんどんほぐしてくれそうです。

自然に囲まれた昔ながらの和風旅館は、宿泊や食事はもちろん、立ち寄り湯で気軽に行けるのもいいですね。空いていれば貸切で利用することもできます。

あまりの気持ちよさにリピーターが続出するという、「黒湯」の威力を感じてくださいね。
高友旅館
住所/宮城県大崎市鳴子温泉字鷲ノ巣18
日帰り入浴時間/10:00~16:00
定休日/なし
アクセス/徒歩:鳴子御殿湯駅から5分、車:東北自動車道古川ICから40分
駐車場/あり
料金/大人:湯めぐりシール2枚(現金の場合500円)※中学生以上~
子ども:湯めぐりシール1枚(現金の場合250円)※3歳以上~小学生まで
貸切/なし(宿泊の場合貸切あり)
露天風呂/なし
サウナ/なし
アメニティ/備えつけあり(ボディソープ、シャンプー、コンディショナー)
「高友旅館」の詳細はこちら

※この記事は2018年5月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

外部リンク(じゃらんnews)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス