最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ドコモ2018年夏モデルまとめ - ハイエンドスマホ大集合! P20 Proからdtab Compactまで一挙紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●ドコモの夏はカメラとオーディオ、通信速度
NTTドコモは16日、2018年夏新商品として、スマートフォン10機種、タブレット1機種の計11機種を発表した。同日から予約を開始し、同日から順次販売開始する。

■豊作!! ドコモ2018夏新製品、全11モデルを一挙解説!【後編】
■豊作!! ドコモ2018夏新製品、全11モデルを一挙解説!【前編】
■何がすごい? ドコモ2018年夏の新サービスを深掘り!!

2018年夏新商品のトピックは、最大988Mbpsの高速通信の提供や、カメラ機能・オーディオ機能が充実した端末のラインナップ、docomo with対象機種の拡大などだ。詳細は2ページ目に譲り、まずは気になる新端末の概要を一挙紹介していこう(発表モデル11機種のうち、法人チャネルで販売されるTOUGHBOOKを除く10機種を紹介)。
○P20 Pro HW-01K(2018年6月下旬)

ドコモ、夜景に強いトリプルカメラスマホ「P20 Pro」を6月下旬発売

○Xperia XZ2 Premium SO-04K(2018年夏)

ドコモからも「Xperia XZ2 Premium」発表、実質負担は5万円台から

○Xperia XZ2 SO-03K(2018年5月下旬)

ドコモ、Xperia XZ2を5月下旬に発売 - 実質価格は31,104円から

○Xperia XZ2 Compact SO-05K(2018年6月下旬)

ドコモ、定番の高性能コンパクトスマホ「Xperia XZ2 Compact」

○Galaxy S9+ SC-03K(2018年5月18日)

ドコモからも「Galaxy S9/S9+」登場、発売は5月18日

○Galaxy S9 SC-02K(2018年5月18日)

ドコモからも「Galaxy S9/S9+」登場、発売は5月18日

○AQUOS R2 SH-03K(2018年6月上旬)

ドコモ、シャープ製「AQUOS R2」を6月下旬発売、MNPで32,400円から

○arrows Be F-04K(2018年5月下旬)

ドコモ、写真撮影&日常使いに強い「arrows Be」を5月下旬発売

○LG style L-03K(2018年6月下旬)

ドコモ、高性能なdocomo with対応スマホ「LG style」を6月下旬発売

○dtab Compact d-02K

ドコモ、高性能なdocomo with対応スマホ「LG style」を6月下旬発売

次のページからは、2018年夏モデルの特徴、および通信面やサービスについて紹介していこう。

●最大988Mbpsの高速通信、6機種で可能に
ドコモは5月から、3.5GHz+3.5GHz+1.7GHzの3キャリアアグリゲーション(CA)により、最大988Mbpsの通信速度を実現する。これまで、3.5GHz帯に対しては、基地局・端末ともに4本のアンテナで4データを同時に通信する4×4 MIMOと、データ送信量を拡張する256QAM技術に対応していたが、今回新たに、1.7GHz帯で4×4 MIMOに対応。受信速度を従来の下り最大788Mbpsから、下り最大988Mbpsまで拡大した。988Mbps提供エリアは、東名阪の一部エリア。対応端末は、「Galaxy S9」「Galaxy S9+」「Zperia XZ2」「Zperia XZ2 Premium」「AQUOS R2 SH-03K」「HUAWEI P20 Pro」の6機種。

また、上り速度も向上。送信時に64QAM技術を導入することで、夏モデルの7機種で、上り最大75Mbpsの通信が可能となった。対象端末は上記6機種に「Zperia XZ2 Compact」を加えた7機種。このほか、5つの周波数帯を束ねる5キャリアアグリゲーションにより、794Mbpsの高速通信エリアが750都市以上に拡大した。

○カメラ機能・オーディオ機能

ドコモの2018年新モデルでは、カメラやオーディオに注力した機種が発表された。カメラ機能は、Leica共同開発のトリプルカメラを搭載した「P20 Pro」や、暗所の動画撮影に強みを持つデュアルカメラの「Xperia XZ2 Premium」、動画専用/写真専用カメラで動画と同じ画角で写真も撮れる「AQUOS R2」、カメラの絞りをF1.5~F2.4まで調整できる「Galaxy S9/S9+」などをラインナップ。

オーディオ機能では、Dolby Atmos対応モデルを4機種(Galaxy S9/S9+、AQUOS R2、P20 Pro)揃えた。また、Xperiaシリーズ3機種など、デュアルスピーカー搭載端末も7機種用意している。
○docomo with対象機種の拡大

月々の利用料金から毎月1,500円を割り引く「docomo with」料金プラン対象端末も拡大。富士通コネクテッドテクノロジーズ製の「arrows Be」、LG製の「LG style」の2端末が追加された。

○AIサービス一新。dポイントの投資サービスも

このほか、サービス面では、従来ヒツジのキャラクターで親しまれてきたAIエージェントサービスを一新。「my daiz(マイデイズ)」の名称で、ヒツジの執事に代わり、四角い箱のようなキャラクターが、画面上でユーザーを適宜サポートする。バックグラウンドではAIが活用され、ユーザーの行動やドコモが保有する利用者情報、ユーザーが入力した予定や最適なタイミングを学習して、細かなパーソナライズを実施。使い続けることでより最適な情報・サービスの提案が行えるようになる。

my daizは無料版と有料版(料金:100円/月)が用意され、有料版では企業・自治体などパートナーのサービスやコンテンツと連携され、Push配信にも対応する。

「ポイント投資」サービスは、ドコモのdポイントを運用して投資を疑似体験できるサービス。もともと、投資運用の経験はないものの気になっているユーザーに対し、現金を使わず、気軽に体験できるとしてサービスを開発した。加えて、実際に現金による資産運用が行える「THEO+ docomo」も同時提供。THEO+ docomoは、お金のデザイン社と共同提供する資産運用サービスで、AIを活用し資産を自動運用・アドバイスするロボアドバイザーにより、質問に答えることで最適な運用プランを提示する。せっかくなので、筆者も早速1,000ポイント分を投資。1カ月後、どこまで増えるか(もしくは減るか)楽しみだ。

dポイント投資サービスでは、実際の投資信託の価格に連動して、dポイントが増えたり減ったりと変動する仕組み。運用分はdポイントで還元される。

このほか、NTTドコモとKDDI、ソフトバンクの3社が5月9日に開始したメッセージングサービス「+メッセージ」用アプリは、法人向けに展開するスマートフォン「TOUGHBOOK」を除く10機種にプリインストールされる予定だ。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス