グラドル&コスプレイヤー・羽生ゆか 過激マッサージは「おしりの肉を掴まれて」

しらべぇ

2018/5/16 21:00


(©ニュースサイトしらべぇ)

きゅっと引き締まったクビレと、まんまるヒップが生み出す完璧ボディを持つ、グラドル&コスプレイヤーの羽生ゆか(21)が、新作イメージDVD『フィギュアボディ』(スパイスビジュアル)を発売。

都内で行われたDVD発売記念イベントにしらべぇ取材班も訪れ、撮影時のエピソードを聞いてきた。

■尻の肉を掴まれたマッサージも


2作目となる今作は、2月に関東の奥地で撮影されたよう。

(©ニュースサイトしらべぇ)

撮影の印象を尋ねると「1作目もだいぶ過激だったんですけど、手ブラのシーンは自分でも衝撃的」と、開口一番に前作より攻めたシーンが入っていることを告白。

続けて、お気に入りのシーンを聞くと「白いブラウスが透けて見えるみたいな感じのところは、すごく自然光がキレイでお気に入りです」とコスプレイヤーだからこそ気付きそうな視点を披露した。

また、恥ずかしかったシーンについては、「最後のマッサージのシーン。ドキドキしました、尻の肉を掴まれて…おっぱいはどうかな?」と取材陣をドキリとさせる一幕も。

■表紙は七瀬さくらの衣装?


パッケージ表紙の、露出度が高くちらりと横乳が見える衣装は、尊敬しているグラドル・七瀬さくらの衣装だそう。

(©ニュースサイトしらべぇ)

「ファンのかたが七瀬さんから買って私に差し入れてくれた衣装で、それが採用になったのですごく思い入れがあります」とのこと。なんともすごいめぐり合わせ? な流れだ。

そのカットは、お尻を突き出しこちらを振り返るようなものだが「(体の)反りのラインとお尻のラインがキレイだと言われるので」とチャームポイントをしっかり捉えた、満足の仕上がりのようだ。

■憧れのブレザーに笑顔


(©ニュースサイトしらべぇ)

DVDの中でもコスプレイヤーの設定であり「彼氏とふたりで別荘に来て、『これ似合うかな』って彼女がどんどん着ていく感じ」とさまざまな衣装の彼女が楽しめるよう。

特に制服のシーンは、服を着たまま風呂に入ったらしく「お風呂に入るのことが好きなので、すごく楽しかったです」と嬉しそうに教えてくれる。

また過去を振り返りながら「自分はセーラー服だったんです。なので、ブレザーのタイプの制服に憧れがあって(着られて)嬉しかったです」と笑顔で語った。

(©ニュースサイトしらべぇ)

■暴走注意なユニットも


グラドルとコスプレイヤーとして活動しているが、さらに5月からはアイドルユニット『暴走注意 めるてぃプリンセス』(通称めるプリ)でも活動を始める。

二足ならぬ「三足の草鞋を履く」状態となり、ますます彼女の快進撃を見ることができそうだ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

ちなみにユニットのコンセプトは「真面目でキレイにやっていきながらも、ちょっとやりすぎちゃうところをウリにしてます」とのこと。

歌って踊るほかに、スカートを1枚脱ぎミニスカートに変身したり、ムチを振るうこともあるなど、「暴走注意」なパフォーマンスも必見だ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

【羽生ゆか(はにゅう・ゆか)】

1992年8月11日生まれ/T165・B88(Eカップ)・W56・H88/血液型:A型/東京都出身/趣味:料理、ダイエット(糖質制限)、歌/特技:角制作、衣装製作、色鉛筆画

・合わせて読みたい→ロリ顔Eカップグラドル・生田奈々 原点回帰してもエッチ度は倍増?

(文/しらべぇ編集部・ステさん 撮影/HIRO)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス