最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

何がすごい? ドコモ2018年夏モデルで登場した新サービスを深掘り!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●GoogleアシスタントやSiriに対抗する「my daiz」
NTTドコモは16日、スマートフォンの2018年夏モデルと新サービスを発表した。ドコモ端末としては5年ぶりとなるファーウェイのスマートフォン「HUAWEI P20 Pro」など11機種が発表されたほか、新サービスとしてAIエージェント「my daiz(マイデイズ)」、ポイント投資サービスなどを提供する。

ドコモの吉澤和弘社長は、「より多くのお客様に、便利、楽しい、お得を提供していく」と意気込んでおり、携帯回線の契約者だけでなく、他社のユーザーも会員として取り込んでいきたい考えだ。

○お豆腐? 白い箱? 四角につぶらな瞳のキャラクター

新サービスの「my daiz(マイデイズ)」は、ユーザーとの音声対話やPush配信などを行う、同社のAIエージェントサービス。GoogleのGoogleアシスタント、アップルのSiri、アマゾンのAlexaなどと対抗するAIサービスで、ドコモがこれまで培ってきた「しゃべってコンシェル」のような対話エンジンや、ユーザーの行動に合わせて適切なタイミングで情報を提供する先読みエンジンなどを組み合わせて開発された。

○「結婚記念日のプレゼントはお決まりですか?」

「パーソナライズ」と「先読み」が、他サービスとの大きな差別化のポイント。ドコモの回線契約情報や、スマートフォンをベースにした位置情報や行動学習などを組み合わせ、ユーザーそれぞれに合わせた適切な情報を、適切なタイミングで提示することができるという。

例えばいつもの帰宅時間を学習して天気や交通情報を提示するといった具合で、使えば使うほど、ユーザーのことを理解し、必要なサービスを提供する。ドコモのdマーケット系のコンテンツサービスやショッピングやトラベルなどの各種eコマースなど23サービスに加え、パートナーと連携した33サービスを用意。計66の公式アカウントを「メンバー」として、各種情報を提供できるようにした。

○情報に基づくパーソナライズで差別化

my daizを起動しておくと、ユーザーに即した情報を四角いキャラクターが提示するので、タッチすれば詳細を確認できる。音声対話も可能で、スマートフォンに「my daiz」と呼びかけると対話が開始。質問をすれば、各アカウント(メンバー)から情報を検索するなどして、必要な情報を受け取ることができる。画面オフでも音声で起動できるが、現時点で音声認識によって個人を区別することはしていないそうだ。

例としては、「赤坂のレストラン」と呼びかけると、ぐるなびから検索されたレストランの候補が表示。レストランを選ぶと、予約するかどうかを聞かれるので、時間、人数といった情報を声で指定していくと、最終的にぐるなびの予約サイトに飛ばされる。最初に「my daiz」と呼びかければ、あとは連続して対話できる点は優れている部分だ。

ドコモではキャリアとして大量のユーザーデータを抱えるほか、これまで提供してきた各種サービスによっても利用者データを取得している。スマートフォンやタブレットから得られる行動履歴を組み合わせることで、質問に答えるだけでなく、ユーザーに「価値を提案する」という方向性を重視。こうした点で他社のエージェントサービスと差別化できるとしており、Googleアシスタントなどに対抗していく考えだ。
○ドコモ吉澤社長「API課金も視野に」

my daiz自体はAPIとしてオープンにしており、パートナーが対応サービスや対応機器を開発することができる。ドコも自身は、現時点でスマートスピーカーの開発はしないというが、他社が「my daiz対応スピーカー」を開発することはできるそうだ。APIはオープンなため、吉澤社長は「個人は無理だと思う」としつつ、幅広いパートナーの参画を期待する。

当初パートナーは33サービスだが、2020年までにこれを150まで拡大する。現時点で、パートナーからの収益は求めず、月額料金も100円と安いが、今後の収益化も視野に入れる。パートナーへ顧客を誘導し、そこでdカードやd払いなどの決済を利用してもらうことによる収益も期待できるほか、「API課金も検討している」(吉澤社長)という。

ほかのプラットフォーマーのように売上の何%、といった料金体系にするといった方向性も考えられるが、現時点では検討中で、当初はパートナーへの課金は行わず、まずは裾野を広げていくことを目指す。

回線契約を問わず利用できるサービスであり、20年までに1500万契約を目指す。現在の似たようなサービスであるiコンシェルは、基本的にmy daizへの切り替えになるそうだ。

●お金がなくてもOK! dポイントで資産運用体験
16日からは新サービスとして、資産運用サービスも展開する。「貯蓄から資産形成に大きな注目が集まっている」(ドコモ吉澤社長)ものの、日本で資産運用の利用が少ない。「投資は難しい、お金に余裕がある人向けという声がある」(同)ためで、そうした投資未経験者が利用しやすく、資産運用へのハードルを下げるため、まず「dポイント投資」を提供する。

貯まっているdポイントを使い、アクティブコースとバランスコースという2種類でポイント運用するため、初心者でも手軽に投資が始められる。ポイントを使い、リターンもdポイントでしか引き出せないことから、金融商品ではなく、新たな契約を行わずに手軽に始められるのが特徴となる。

○手数料は1%、「手軽さ」を意識した資産運用サービスも

dポイント投資の運用は、投資会社・お金のデザインが担当しており、同社のAIを活用した運用が行われる。これで手軽に投資を始めてもらい、実際の資産運用への誘導を図りたい考えで、その受け皿として、お金のデザインの「THEO」サービスと組み合わせた「THEO+ docomo」も提供する。

THEO+ docomoでは、性別や収入、貯蓄など5つの質問から231通りの運用プランが提案され、プランに従って世界のETFを最大30種類購入。毎月リバランスを行って適正な資産分配を維持する仕組みになっており、積極的な投資運用はできないが、ロボアドバイザー(投資家に対し、AIを活用して資産運用やアドバイスを行うシステム)を活用した、安定した資産運用が可能になる。

こちらはれっきとした金融商品となるため、マイナンバーの提供を含めた新規契約が必要になり、下落リスクなどもあるが、手数料も1%と低めに設定されており、よりリスクを抑制した資産運用ができるとしている。

THEO+は、他のパートナー向けにも提供されているが、ドコモ向けのTHEO+ docomoは、dカードで買い物をしたさいに設定金額分を「お釣り」として積み立てる「お釣り積み立て」や、運用金額に応じてdポイントが貯まるサービスなどを提供する。

発表会では、キーワードとして「For All」という言葉を示した吉澤社長。新サービスや新端末を「ぜひ使ってもらいたい」という意味合いが込められており、「お客様の期待を超える驚きと感動を提供し続けていきたい」と意気込んでいる。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス