SKE48須田亜香里 「ひどいとは思う」ストレス発散法を告白

E-TALENTBANK

2018/5/16 20:10


15日に放送されたTBS系「有田哲平の夢なら醒めないで」に出演したSKE48の須田亜香里がストレス発散法を語った。

【写真】SKE48・須田亜香里がコンサートで初のソロ歌唱を披露

番組では、“おブスの愚痴大放出SP”と題して、インターネットで自分の名前を検索すると、予測キーワードに「ブス」という単語が出てくる女性芸能人が集合した。

AKB48グループの神7でありながらこの企画に出演した須田は、“渋谷の駅前で自分よりブスを探す”ことがストレス発散法だと明かすと、「ひどいとは思うんですけど」と前置きをして「私、グループに入ってから『ブスブス』言われるようになったから、世間でいうブスってどれくらいなんだろうっていうのを気になるので、街に繰り出すと自分よりこの人は可愛い・ブスをちゃんと仕分けます」と説明した。

続けて「それで、私は自分の身分を理解して、訓練だと思ってやってます」とコメントしていた。

この放送にTwitterでは「じゅーぶん可愛いわよ!!!」「須田ちゃんもハチャメチャに可愛いじゃん」「そこまでブスじゃないでしょ須田亜香里ちゃん」などの声が上がっていた。

須田の容姿に関する場面は以前にもあり、須田が学生時代に解答欄に気に入っている先生の名前を書くなどして、気を惹くようなことをしていたと告白すると、明石家さんまが「でもその先生も、君みたいに可愛らしい子が、だからよう我慢しはったなあ。こんな可愛らしい子が」と褒めたが、須田がそれに乗っかる形で、手を振ってまんざらでもない表情を見せると、さんまは「それほどでもないわ」と即座に否定し、「とうとう心の声が出てしまったわ」とコメントしていた。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス