ルフトハンザグループ、最大16機の追加発注を決定

Traicy

2018/5/16 20:39

ドイチェ ルフトハンザAG(ルフトハンザグループ)の監査役会は、5月7日、最大で16機の追加発注を承認した。

スイス・インターナショナル・エアラインズのボーイング777-300ER型機2機、ルフトハンザ・カーゴのボーイング777F型機2機のほか、エアバスA320型機最大12機を発注する。新型エンジンを搭載したエアバスA320neo6機はルフトハンザグループの旧型機材と2022年より置き換える。納入状況を踏まえて、最大で6機の現行エンジンを搭載したエアバスA320neoを6機追加発注する。年内にも導入する。

カタログ価格で約21億ユーロとなる。好業績であることから発注を決めた。

あなたにおすすめ