最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

近所で「虐待」の疑い…ベストな対応は? 江原啓之が回答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。今回番組では、隣人に対してとった自分の行動に悩む方からのメッセージを紹介し、江原が“ことば”を届けました。


パーソナリティの江原啓之

◆子どもを罵倒する叫び声
「自分のとった行動についてご意見頂きたいです。自分のマンションの隣に虐待を疑ってしまうヒステリー声のするお宅があります。家族4人で引っ越してきて以来、毎週のように女性が子どもを罵倒する叫び声が聞こえ、残業などで夜中に通りかかる度、酷く心配な気持ちになります。周りに相談しても『よその家のこと。関わらないほうがいい』と言われるのですが、夜の帰宅間際に生々しい声が耳に入ると、たまらなく辛いです。女性が子どもに『そんなんだから。グズ、遅い、さっさとやれ。ふざけんな』などの罵声……。
そんな中、今日ついに、いてもたってもいられなくなり、警察に通報をしてしまいました。これまでは、そのお宅の前で『子どもをいじめるな! 酷い声は聞こえているぞ!』と、声を上げて立ち去るなどの対応で気持ちを落ち着けていたのですが、ついに一線を越えてしまった感じです。警察の方は冷静に事情を聞いてくれ、そのお宅への訪問もしてもらえたようでしたが、果たしてこれは、よかったのか。後味の悪い気持ちでたまりません。自分は単に嫌な気持ちをぶつけ返してしまっただけなんでしょうか。こんなとき、どんなふうに対応されるかアドバイス頂けないでしょうか」

◆江原からの“ことば”
「私は順番が逆だと思うのです。110番通報のほうが先なのではないでしょうか。あなたは実直な方なのでしょう。けれど、声を上げていたら、あなたも同じ土俵に乗ってしまっている。そのお母さんが『外で叫んでいる変質者がいます』と110番してしまうかもしれない。すると、内容こそ違え、やっていることは同じになってしまう。大事なのは“理性”。110番や児童相談所に通報することは“理性”。自分が出ないことなのです。
ビックリ水は大切。また記録が残るから、そのお母さんにも“本当に虐待になってしまうとまずい”というブレーキにもなりますからね」

◆江原啓之 今宵の格言
「人はつまずく権利も持っています」
「成果や見返りを求めない心に、親切は宿ります」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年5月21日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス