学校、ママ友、家族のおでかけ。「好印象ママ」を叶えるユニクロ着回し術【ユニクロ大人コーデ~アメブロ30代ファッション1位 Hanaさん ~ Vol.26】

バタバタしがちな朝。家族の食事作りに後片付け、出かける準備にてんてこまいな人も多いですよね。身支度はなるべく早く済ませたいけれど、その日の予定にふさわしい服選びには時間がかかってしまうもの…。

着る服に迷ったとき、マネするだけで簡単におしゃれになれると人気なのが、アメブロで人気のブロガーHanaさんが出版した『全身ユニクロ!朝、マネするだけ』(ダイヤモンド社)です。「今日の予定に合ったコーデが分からない!」そんな迷いも本を開けば即解決! 好印象を与えるユニクロコーデが一瞬で把握できてしまう、話題のスタイルブックとなっています。
<Hanaさんプロフィール>
上下ユニクロのコーディネートを日々発信し、Ameba公式トップブロガーランキングでは常に上位の人気ブロガー。日常にとりいれやすい「ユニクロに見えない!」コーディネートをブログで提案。2人の男児を持つ。
UNIQLOコーディネート日記 https://ameblo.jp/hana-nya-7/

今回はそんなHanaさんの書籍から、学校行事ママ友との集まり家族のおでかけといったシーン別のコーデをそれぞれ3つずつ紹介していきます。

■学校行事は、カジュアルとキレイめの「中間」を目指す!
学校行事は通う小学校によってさまざまですが、不特定多数のママたちが集うちょぴり緊張感ある雰囲気。代表的な行事の「保護者会」「運動会」「公開授業」のコーデをご紹介しましょう。


「全身ユニクロ!朝、マネするだけ」 Hana著 (ダイヤモンド社)より

●保護者会
パンツスーツやワンピースでキメていったら他のママはカジュアルな人が多くて浮いてしまった、あるいはカジュアル重視でいったらキレイめな服装のママだらけで恥ずかしくなった… など失敗経験がある人も多いのではないでしょうか。保護者会でHanaさんがおすすめするのは、「キレイめすぎず、カジュアルすぎない」コーデ。落ち感のあるブラウスにストレッチジーンズを合わせたコーデは、周囲を含め、自分自身も落ち着いた気持ちを持つことができそうです。

●運動会
手荷物も多く、子どもの声援で忙しく立ち回る運動会は上下ホワイトでまとめたコーデがおすすめ。校庭は砂ぼこりがまっていたり、土のぬかるみが気になったりと白アイテムチョイスしないママも多いかもしれません。でも白の持つ「さわやかさ」は偉大です…! 白の面積が多ければ多いほどさわやかに、かつ清潔感品の良さを感じさせてくれます。さらにオールホワイトカラーコーデは目立ちやすく、子どもに見つけてもらえやすいというメリットもあるようです。

●公開授業
子どもたちの授業風景を見ることができる公開授業の日は、基本的に保護者会コーデと同じく「キレイめとカジュアルの中間」を意識したアイテムを選ぶようにしましょう。クルーネックセーターで親しみを感じるカジュアルさを、ワイドアンクルパンツで品の良さをプラスしたコーデはフラットシューズで「キメすぎない」ことで、一段上のセンスを感じさせてくれますね。

■ママ友同士の集まりは「ホワイトカラー」を上手に使う!
同世代の子どもを持つママ同士で集まる日は、色を使ったアイテムでおしゃれを楽しんでみるのも良いかもしれません。「カラオケ」「誕生会」「習い事見学」といったシチュエーション別のコーデをご紹介しましょう。


「全身ユニクロ!朝、マネするだけ」 Hana著 (ダイヤモンド社)より

●ママ友とカラオケ
ママ友とのおでかけを楽しむ日は動きやすさも重視しながら季節感のあるおしゃれコーデを目指してみてはいかがでしょう。
Hanaさんがこの時期おすすめするのは、素材に味わいのあるリネンシャツ。ユニクロのリネンシャツはカラー展開が豊富なので色違いでそろえるとコーデの変化を楽しめます。春・夏は屋内の冷房対策、屋外の紫外線対策にも一役買ってくれるなど機能性もあわせもった優秀なアイテムです。

●友人の子どもの誕生日会
シャンブレーシャツにハイウエストのタックスカートを合わせたコーデは、ママ友の子どもの誕生日会などにおすすめ。子ども連れのイベントはぶつかったり、食べこぼしたりで服に汚れが付いてしまうこともあるかもしれませんが、デニムシャツならそこまで悪目立ちしません。バッグと靴をホワイトでまとめることで「品の良さ」も演出でそうです。

●習い事の見学
ママ友同士で習い事の見学に行く日はちょっと甘さを意識したコーデはいかがでしょうか。淡いピンクのカラーシャツで顔周りを明るくしながら、他のアイテムはホワイトカラーで統一。ピンクを着るときは、色数を抑えるのがポイントだそう。全体はシンプルにまとめあげることで女性らしさが際立っていますね。こんなコーデの日は髪をアップでまとめると凛とした雰囲気が出せるといいます。

■家族との休日は、「場所&会う人」を意識!
家族で過ごす休日コーデはお出かけ先や会う人でガラリと雰囲気を変える必要が多々あるもの。「公園」「水族館」「義母と食事」といったお出かけシーンにふさわしいコーデをご紹介しましょう。


「全身ユニクロ!朝、マネするだけ」 Hana著 (ダイヤモンド社)より

●公園で遊ぶ
Hanaさんいわくオシャレに見えるコツのひとつは「行く場所に合った服を着る」ことだそう。その言葉どおり、外で思い切り遊ぶ日はボーダーボートネックTにイージーアンクルパンツといった洗濯機にぽいっと放り込んで洗える素材を選ぶのがベスト。子どもに負けじと遊ぶママの姿はとっても魅力的です。

●水族館へおでかけ
チャームをつけたバッグがポイントのコーデは水族館など室内向けのおでかけスポットにぴったり。コットンカシミヤリブセーターとシフォンプリーツスカートが繊細な上品さを演出してくれています。品良く仕上げるコツはチャームを質の良いものにすること。安価なものだとコーデ自体が安っぽく見えてしまいます。小物ひとつでもコーデに与える印象は大きいようです。

●義母との食事会
とろみのあるハイウエストリボンパンツが主役のコーデは「キレイめ」が必要とされるシーンにおすすめ。バッグとパンプスもかっちりした印象のアイテムを選べばオフィスだけでなく義母との食事会などにも応用可能。「品のある嫁」のイメージを植え付けてくれるかもしれませんね。

今までなんとなくで選び「これって大丈夫?」という不安がつきまとっていた人もHanaさんのお手本コーデを参考にすることで自信を持てるようになるのではないでしょうか。

もうちょっと違う感じがいいな… と思ったときも「365日分」という膨大な数のコーデが見られるのは心強い! ユニクロコーデを使った好印象ママコーデはこの一冊でマスターできるかもしれませんね。


『全身ユニクロ!朝、マネするだけ』
Hana著 /ダイヤモンド社 ¥1,550(税抜)


ユニクロアイテムをオシャレにとりいれた365日分のシーン別コーデを紹介。春夏秋冬ごとに基本のトップス10着、ボトムス10着を選定。それらのアイテムを組み合わせた着回し術を公開。がんばりすぎず、品のあるスタイル多数で予定によって変化の多いママコーデのお手本に。

・TPOによって異なる「正解コーデ」が分からない
・毎朝コーデを考えるのが面倒
・好印象を与えるコーデを知りたい

そんなママたちのお悩みにやさしく手をのべるスタイルブック。自身のコーデに自信が持てるようになる一冊。


(すだ あゆみ)

あなたにおすすめ