最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

LAZYgunsBRISKY、最高の笑顔があふれた1年ぶりのワンマンライヴ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガールズロックバンドのLAZYgunsBRISKYが、5月12日(土)に渋谷Milkywayでワンマンライヴ『Gather of Dreams vol.5-Smile of Dreams-』を開催した。1年振りのワンマンライヴとあって、チケットはソールドアウト。会場入口にはサブタイトルである“Smile of Dreams”にちなんで写真スポットが設置されており、オープンから賑わいを見せていた。

最新曲「Kiss me」をリミックスしたSEが流れ、声援と共にメンバーが登場。Yuko(Gu)が「Kiss me」のリフを弾き始めると、さらに会場は盛り上がり、勢い良くライヴがスタートした。続いて、代表曲でもある「but I know」や「Dress to kill」と一気に駆け抜け、ノリの良いドラムのリズムに後押しされ、会場全体のテンションはさらに上昇! Lucy(Vo)が“This is LAZYgunsBRISKY”“今夜は宜しく!!”と叫べば、観客は大きな歓声で応える。7曲目に披露した「NOW!」は楽器陣のインストから始まり、ステージ上から姿を消していたLucyが曲中で“NOW!”の文字が書かれた世界地図のフラッグを掲げて再登場。ラップ調の曲と独特のパフォーマンスで会場の空気をガラリと変え、観客を巻き込んでいく。

ライヴ後半では、夏の思い出を綴った新曲「Summer nostalgie」の初披露や、azu(Ba)がヴォーカルを務める「Happy Night」、この日ミュージックカードとして発売された新曲「Underway」、アップビートの新曲「Shine」など、勢いのあるナンバーで観客の盛り上がりは最高潮に! 本編ラストの「Midnight Rider」が終わっても、歓声が止むことはなかった。

アンコールでは、KISSの「I Was Made For Lovin'You」をカバー。Lucyの“歌える人は一緒に歌ってね”というMC通りの大団円となり、ラストはデビュー曲「Michigan」で幕を閉じた。

また、LAZYgunsBRISKYは今後の活動予定として、自身3度目となるヨーロッパツアーを発表。“Smile of Dreams”の文字通り、最高の笑顔でステージを後にした彼女たちの動向から今後も目が離せない。

photo by Kaita Otome

\n

外部リンク(OKMusic)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス