生理でイライラしているとき…彼に言われるとうれしいこと5つ




別にイライラしたい訳じゃない! 生理前や生理中は些細なことでイライラしてしまいますよね。しかし、自分なりに理解しようとしてくれる男性も少なくありません。あなたのために一生懸命になってくれる彼の姿に、救われた経験がある人もいるはず。
そこで今回は、イライラしているとき彼から言われるとうれしい5つの言葉をまとめました。

「今日はゆっくりしてな!」

「いつも頑張っているから、今日はゆっくりしてな!」そんな言葉を彼から言われたらうれしいですよね。彼なりの優しさや気づかいも感じられます。自分で「休もう!」と意気込むより、誰かに声をかけてもらえた方が気持ち的にリラックスできることも。
頑張りすぎは禁物! 特に、生理前や生理中は気持ちのコントロールが難しいですから、「今日はゆっくりしてな」と言われたら、彼の言葉に甘えてゆっくり過ごしましょう。

「体つらかったりしない?」



個人差がありますが、生理中はお腹が痛くなったり腰が重くなったりすることも少なくありません。つらそうにしているあなたの姿を見て「体つらかったりしない?」と言われたらうれしいですよね。
「いつもと様子が違うな」と気づいてくれていることに、彼の優しさや思いやりが感じられます。もしも、イライラだけでなく体がつらいと感じることがあったら、思い切って彼に甘えてみましょう。どうか、一人で抱え込まないでくださいね。

「どうした? おいで」

彼に「どうした? おいで」と言われたときも、うれしいと感じる瞬間ではないでしょうか。何も聞かず、彼がギュッとしてくれるだけで気持ちがラクになることも。
たとえ、生理前や生理中にイライラしてしまう気持ちが分からなくても、彼なりに理解しようとしてくれるだけで十分。一緒になってよかったなぁとしみじみしてしまうかもしれません。
「おいで」と彼に言われたら、自分から思い切ってギュッとしてみましょう。

「今日は俺がご飯作るよ!」



生理中でイライラしていたりつらそうにしていたとき、「今日は俺がご飯作るよ!」なんて彼に言われたらうれしいですよね。ご飯を作らなくても、「掃除するよ」「お皿洗っておくよ」などでもOK! 彼があなたの負担を減らそうとしてくれることが大切なのです。
状況によっては、あなたからお願いしてみるのもありかもしれません。思い切って彼に頼んでみましょう。

「いつも頑張ってくれてありがとう」

「いつも頑張ってくれてありがとう」彼から労いの言葉をかけてもらえたら、生理前や生理中のイライラもスーッと消えていくかもしれません。「ありがとう」と言われるのは、どんなときでもうれしいですよね。

生理前や生理中のイライラ。彼なりに受け止めようとかけてくれた言葉に救われることも多いはず。つらいときは、無理に一人で抱え込まず彼に甘えてみるのおすすめです。無理はなさらないでくださいね。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス