早霧せいな、再び『るろうに剣心』に!小池修一郎の演出で

エンタステージ

2018/5/16 17:10


009469.jpg

2018年10月から11月にかけて、東京と大阪で浪漫活劇『るろうに剣心』の上演が決定した。原作は、1994年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されていた和月伸宏の人気漫画「るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―」。1996年にアニメ化、2012年に実写映画化され、2016年には、宝塚歌劇団にて、演出を小池修一郎、主演を早霧せいなが務め、初舞台化を果たした。

今回の上演で、早霧は再び主人公・緋村剣心役に。このほか、神谷薫役を上白石萌歌、斎藤一役を廣瀬友祐、四乃森蒼紫役を三浦涼介、武田観柳役を上山竜治、加納惣三郎役を松岡充が演じる。

『るろうに剣心』出演者

【あらすじ】
明治11年の東京、薫風の章。血に染まった剣を封印し、逆刃刀を手に流浪人となった男・緋村剣心と「人を活かす剣」を信じる真っ直ぐな瞳の少女・神谷薫が出合う。人を守りたかった少年が、何故、人斬り抜刀斎という修羅となったのか。その男が何故不殺の流浪人となったのか。大切な人達と出会いながらも、罪の答えを探す剣心の苦しみは続く・・・。幕末の動乱を生き抜いた者たちの、新たな戦いが始まる―!

浪漫活劇『るろうに剣心』は、10月11日(木)から11月7日(水)まで東京・新橋演舞場にて、11月15日(木)から11日24日(土)まで大阪・大阪松竹座にて上演される。チケットは、7月28日(土)より一般発売開始。

(C)和月伸宏/集英社

あなたにおすすめ