電車内での迷惑行為の対処法

yummy!

2018/5/16 17:00


電車内での迷惑行為の対処法

通勤時、移動時、電車を利用する女性も多いのでは。というのも、電車に乗っていると、ちょっと迷惑な人に当たってしまうことってないでしょうか。
たとえば、学生同士が騒がしくしゃべっているとか。ひとりで座席を占領していて、人が来てもどかないとか。隣の人のヘッドホンが音漏れしているとか――。
若い人ならまだしも、大の大人が迷惑行為をしていると、「社会人としてちょっとどうなの?」と思ってしまいますよね。
電車は公共の交通機関だけに、気持ちよく利用したいもの――。もし、電車内で迷惑行為を見つけたら、どうしたらいいのか。今回はできることがないか、考えてみました。

おしゃべりが騒々しい場合は……



相手がまだ学生であれば、「すみません、ちょっとボリュームを落としてもらえませんか?」「ほかのお客さんもいるので」と、ちょっと一言注意してみるとか。大抵の学生なら、これだけで「あ、すみません」と、「悪かったな」「気づかなかったな」と、注意を聞き入れてくれると思います。
ただ問題は、相手の年齢が自分よりも上の場合ですよね。高笑いが過ぎて、ちょっと公共の場にはふさわしくない会話をしているなど――。そういった場合は、やはりひと言注意する必要があるでしょうか。
しかし、大人相手だと揉めたくない気持ちもありますよね。周りのお客さんもちょっと迷惑そうにしているなら、周りに「もうちょっと静かにしてもらいたいですよね」と、世間話がてら、ひと言声をかける協力してもらうとか。
もちろん、ムリに声をかけるのも大変ですよね。最終的には駅員さんに声をかけて、間に入ってもらうのが、一番安全な方法になるとは思います。

座席の座り方が気になる場合は……



たとえば、もう少し席を詰めれば、もうひとり座れる。体格や荷物といった事情関係なく、ひとりでふたつの座席を占領している。電車内が混んでいれば、そういったことが気になる場合もあるでしょうか。
でも、相手に避ける素振りが一切見られない。相手が音楽を聴いていたり、お酒に酔っぱらっていたりすると、対応に困る場合もありますよね。
その場合も、ひと言声をかけられるのであれば、声をかけられるといいと思います。
でも、おしゃべりがうるさい場合と違って、声をかけることで相手がどんな態度を取るのか、見えないのがちょっと怖いですよね……。
相手が起きているのであれば、それとなく視線を向けながら、相手に注意を促すとか。
ほかにも車内が混みだすと、お年寄りや妊婦、身体障害者の方を優先的に座らせたほうがいい場合もあるでしょう。そんなときは、「すみません、こちらの方が座りたいので」と声をかけることで、相手も事情を組んで行動を改めるかもしれません。

音漏れ、荷物の持ち方、置き方が気になる場合は……



「電車内が退屈だから」と、音楽を聴いたり、本を読んだりする人って多いと思います。
はたまた、遠方まで出かけなければならず、荷物が重なる場合もあるでしょう。
そんな場合に注意したいのが、音漏れと荷物の置き方、持ち方です。気になる人も多いのでは?
この場合も難しいですが、あまり物言いきつく注意するよりも、相手の肩を叩いて「ちょっと音が漏れてますよ」と、笑顔で声をかけてあげるとか。
相手が気づいていない場合もあるので、気づかせてあげる感じで声をかけてあげられるといいかもしれませんね。
荷物の場合も同様です。「もしよかったら、上空いてますよ」と、相手に気づかせてあげる感じで、声をかけてあげると、相手も「邪魔だったね」「上にあげたほうがいいかな」と、配慮しやすいかもしれません。
もちろん、相手によっては声をかけづらい人もいると思うので、その場合はムリせず駅員さんに協力を求めましょう。

おわりに



いかがでしたか。人によっては、毎日電車を利用する人もいるでしょう。世の中いろいろな人がいるので、どうしても見過ごせない場合は、周りの助けを求めながら、対応できるといいのかもしれませんね。
(柚木深つばさ/ライター)

あなたにおすすめ