#93 独女のフラリ一人飲みで、偶然出会った男とは【40代編集長の婚活記】

OTONA SALONE

2018/5/16 17:00



「一生独身かもしれない」と思いながら40代を迎え、一人で生きていく準備をしていたOTONA SALONE編集長アサミ。半分仕事、半分好奇心で44歳から婚活をスタートさせて1年9カ月。

婚活パーティにも婚活アプリにも敗れ、新たな出会いを求め「意外とオトナの出会いがある」とウワサの場所へ繰り出すことに……! これは40代独女の「実名 顔出し」( https://otonasalone.jp/author/editor-e-a/ )で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

新宿のバーで、いざ一人飲み!


アラフォー以上の女性たちにアンケートをしてわかったこと。それは「カウンターのある飲食店には、恋人や結婚相手につながる出会いが少なくない」という事実!

実際、前回の記事( https://otonasalone.jp/65067/ )をあげたところ「私も夫とバーで出会った派です」という、会社の先輩がいることもわかった。つまり、カウンターのある飲食店≒バーはオトナの社交場。実はお酒が弱い(基本2杯まで)けれど、つべこべ言い訳している前に、やってみなくちゃわからない。

意を決した私は、ある夜、新宿の街を徘徊し、直感で選んだとあるバーに一人で入った。

男性の一人客をなにげにチェック


新しい出会いがこの扉の奥にあるかもしれない。期待を胸に膨らませてドアを押して入った。カウンターの奥にいたマスターが「いらっしゃいませ」と言った。

アサミ「こんばんは」

そういいながら、入り口から3番目の席に座った。先客はたった一人。カウンターの一番奥に男性が座っていた。お互い一人客。やっぱりバーにはオトナの出会いがありそう……!

スーツではない。カジュアルなシャツにパンツというコーディネートの男性。硬めのビジネスマンではなさそう。座っているからわかりにくいけど、わりと身長は高そうとみた。カウンターの椅子から伸びる脚が長い。髪はわりと短め。清潔感はある。

横顔を見てドキッとする


気になるのは顔。イケメンとかそういうことじゃなくて、単純にどういう人か興味があるだけだ。そもそもバーに来ている男性は出会いを求めているわけじゃない。お酒を飲みたくて来ている。よこしまな考えでここに来たのは私のほうだ。

「どんな人かしら……」

カウンター席に座り、チラッとその男性を見た。男性はスマホを見ている。チラッと見えたのは横顔だけ。正面の顔はわからない。

だけど……彼の横顔を見るなり、私の心臓はドキッとした。すっきりしたキレイな顔立ち……さっき、イケメンとかそういうことじゃなくてとか思ってたけど……イケメンっぽい!


偶然入ったバーで、こんなことって


カウンターの一番奥に座っている男性の横顔に、ドキドキしている。よこしまな気持ちで偶然入ったバーで、こんなことってあるの?

マスター「何になさいますか?」

隣からふいに声がしてまたドキッとする。よく考えたらふいじゃないよね、オーダーを聞くのは当たり前のこと。私が男性客に気を取られていただけだ。

アサミ「メニューを見せていただけますか?」

何も見ずにサラリと答えられるほど、お酒好きではない。なおかつ、私はお店でメニューを見るのが好きなのだ。どういうメニューがあるのか好奇心をくすぐる。

今夜の気分でオーダーしたカクテル


渡されたメニューをざっと見て、即決。

アサミ「この、今月のオリジナルカクテル、をお願いします」

私をよくご存じな方々はきっと「やっぱりね」と思うことだろう。お酒をオーダーするとき、私はメニューを見て、目に留まったネーミングで決めがちだ。それがどういう内容のカクテルかもよく見ずに。だからときどき味が好みじゃなくて「コレ飲めない……」ということもある(苦笑)。そう、私はチャレンジャー。

この日、今月のオリジナルカクテルを選んだ理由は……カクテルの名前が「Que Sera, Sera(ケセラセラ)」だったからだ。スペイン語で「なるようになる」。出会いや婚活はなるようにしかならないし、今夜だって……なるようにしかならないでしょ!

彼の横顔を見て、またドキドキ!


カクテルを待つあいだ、もう一度チラッと横目で男性客の顔を見る。相変わらずスマホの画面を見ている。私がお店に入ってからというもの、たぶん彼はこちらに視線を向けていない。私のことを気にも留めていない。

だけど。

私はついつい視線が彼のほうへと向いてしまう。目の端っこで追ってしまう。それはイケメンだから……ではない。

実は、さっきから頭の中でずっと重ね合わせていた……ある男性と。

またドキドキしてきた。

たぶん、横顔から一致する気がするのだ、見覚えのある顔に。もう長いこと会っていないし、そのぶん年を重ねているし、記憶もちょっとあいまい。もしかしたら人違いかもしれない。だけど……。

偶然入った新宿のそのバーでカウンター席に座っていた男性は、あまりにも似ていた。

7年くらい会っていなかった「かつて仲良くしていた、ある男性」に……!

【偶然のいたずらか、運命か⁉ もしかしてあの男性と再会? 来週水曜(5月23日)17時をお楽しみに】


【前回はコチラ】

#92 婚活にやぶれた40女が「出会いを求めて」始めたこと【40代編集長の婚活記】( https://otonasalone.jp/65067/ )

【一気読みするならコチラ】

40代編集長の婚活記まとめ( https://otonasalone.jp/tags/series-around40konkatsu/ )

あなたにおすすめ