Kis-My-Ft2宮田俊哉、“ガチャ10万円”チャレンジで大当たりした「闇袋」とは?


 ジャニーズのアイドルグループKis-My-Ft2とお笑いコンビ・サンドウィッチマンが出演する番組、『10万円でできるかな』(テレビ朝日系)が5月15日深夜に放送された。

毎回Kis-My-Ft2のメンバーが10万円を使ってさまざまな検証をしていくこの番組。この日の放送では先週に引き続き、宮田俊哉と北山宏光が「10万円分1,000円ガチャしたら元を取れるか?」をテーマにそれぞれロケを行った。

この日、宮田は茨木県にあるリサイクルショップを訪問。その店舗では1,000円の自動販売機、いわゆる“1,000円ガチャ”の機械を豊富に取り揃えているとのことだが、宮田が目を付けたのは3,000円で挑戦することのできる“3,000円ガチャ”で、自動販売機の上に飾られていた大型液晶テレビやPS4などに目を輝かせていた。

まず、1回目のチャレンジでは5等という結果に。おもちゃがたくさん詰まった福袋が当たったが、さほど悔しがる様子もなく「5等が出るのはわかっていた」と発言。自動販売機にはたくさんのボタンがあり、同じボタンを押し続ければいつかは大物を当てることができると予想した。

しかし、その後いくら挑戦しても5等以外は出ず。早々に心が折れた宮田は、今後は“4,000円ガチャ”に挑戦すると宣言。PS4目当てでボタンを押したものの、当たったのは5等に当たる「闇袋賞」。中にはクリスマスツリーやマッサージピローなど、在庫処分品のような商品が多数詰められていたが、その後も諦めることなく挑戦。すると、3回目にも闇袋賞が当たり、中には大量のプチぬいぐるみが。しかし、そのぬいぐるみの中には「ニンテンドー3DS LL」が隠されており、これには宮田も興奮気味で「闇袋賞ヤバイ!」と繰り返していた。

その後も4,000円ガチャにハマった宮田は同じボタンを押し続けるものの、闇袋賞からは抜け出せず。予算の限度いっぱいまで4,000円ガチャを引き続け、残金9,000千円の時点で引いたのはなんと2等! 宮田は2等商品の中から32型液晶テレビを選択し、片手で抱えながらうれしそうに笑顔を浮かべていた。

そして、宮田がラスト5,000円で挑んだのは1等から4等が出やすいという“5,000円ガチャ”。そして結果は、なんと5等。バラエティ的に大正解のオチをつけて終了した。

今回、宮田が10万円分のガチャガチャで得た景品の査定額は18万3,909円だったとのこと。元を取るだけでなく、大幅に得することになったこの結果にスタジオからも驚嘆の声が多く上がっていた。
(福田マリ)

あなたにおすすめ