社内恋愛の対象から外されてしまう女子の特徴4つ

愛カツ

2018/5/16 16:00


異動や転職、あるいは初めての就職など、新年度から仕事の環境が変わる人も多いはず。

社内恋愛につながるきっかけをつかむことも多いこの時期ですが、中には「あのコは無理」と恋愛対象から外されてしまう女子もチラホラ。

男性はどんな女子を「無理!」と思うのでしょうか。見ていきましょう。

社内恋愛

■ 悪口がすごい

毎日働いていればムカつくことや思い通りにならないことのひとつや2つあるものです。

でも、そのムカつきを思ったままに垂れ流していると、「例え仕事ができたとしても彼女にはしたくないかな……」と敬遠されてしまう原因に。

悪口がNGなのは職場に限りませんが、仕事がらみとなると、その傾向はより強くなります。

仕事のように、ある程度正解・不正解のあるものに関しては「自分が正しい!」と思うと容赦ない態度に出てしまいがち。

それが男性には「自分の主張ばかりして人を理詰めで追いつめる女」にみえることも。

大人げない態度を取らないようにしたいものです。

■ いつも群れてる

友達の多い女子は性格良さげに見えるのかと思いきや、職場の同性同士でいつもグループ行動している女子たちは、職場恋愛の対象からは外れがち。

男性にとって職場は聖域。そこで恋愛をするなら、噂になったり悪目立ちしないことが大事になってきます。

そのため、いつも群れてる女子グループの中に気になるコがいても「話しかけるスキがない」と声をかけることを最初から諦めてしまっていることも。

もともと、やたらつるんでいる女子たちは「悪口言ってそう・なんか性格悪そう」に見えるとも言われています。

本当に仲のいい人たちと一緒にいるのはいいと思いますが、「何となくみんなといたほうが無難かも」程度の動機なら、無理にグループ行動しなくても良さそうです。

■ 家のようにくつろぐ

通勤時はちゃんとしているのに、会社につくとパンプスを脱ぎ、ナースサンダルに履き替えたり、仕事の邪魔になる!と前髪をピンでとめてしまったり、

コーディネートを無視して会社に置きっぱなしのカーディガンを毎日着ていたりと「ココはあなたの家ですか?」と聞きたくなるくつろぎぶりも男性に「ないわ」と思われる原因に。

ラクさを優先するあまり、周りの人の目を気にしなくなり「仕事服なんて裸じゃなきゃいいわ」という状態からは

「職場の男性なんて私にとっては男じゃない。人ですらない」というメッセージが発生します。

それでいて、男性からは女性として意識してほしい……というのはやや厳しいオーダーかも。

職場ではゆるい服装をできない男性からは「だらしない子」に見えがちなのもイタいポイントです。

■ 口が軽い

職場の噂に敏感で、スキあらば人の噂を広める……口の軽い女子はどこかオバちゃんくささを感じさせます。

職場での噂は悪口にもつながりやすく、「あのコいっつも人も悪口言ってる」と見られると、最初は可愛いと思われていても恋愛対象から外されるきっかけにも。

一度「口の軽いコ」認定されると、付き合いたてのテンションの高い時期、ケンカをして誰かの同意を得たいとき……こんなときにも「俺らのこともペラペラ周りにしゃべってるんじゃないの?」と思われがち。

安心して付き合える対象から外れてしまいます。

■ おわりに

仕事に対して真摯(=信用できる)な人か、身元は確かか……合コンなどの出会いでは測りにくい、「本命視してOKな相手」かどうかを簡単に見きわめられるのが職場恋愛。

結婚につながりやすい恋愛を見つけられる場で、恋愛対象圏外とジャッジされるのはあまりにイタすぎます。

気をつけてみて。(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ