保阪尚希、決まれば5千億円!?緊迫の新ビジネス交渉現場に独占密着

テレビドガッチ

2018/5/15 17:00

5月16日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(毎週水曜22:00~)では、保阪尚希の新巨額ビジネスに独占密着する。

今や、年商10億円を売り上げる通販王として、「芸能界で最も錬金術にたけた男」とも言われる保阪。そんな保阪が、次なる新ビジネスに触手を伸ばしているとの噂が……。MCの梅沢富美男がその噂にズバッと迫ると、保阪は「1年で約5千億円稼げるというイランのガス利権を狙っている」と告白する。

そこで番組では、保阪のイランでのガス利権交渉に独占密着。イランでは外国人来訪者は原則的に13日しか滞在できないという厳しいルールがある中、保阪のビザは、60日の滞在を認められている、イラン政府発行の特殊ビザなのだ。保阪は「(日本の政府の偉い方よりも)信用度は僕のほうがあります」と言い切り、イランへの食い込み方の深さを伺わせる。

イラン到着後は、政府との交渉を有利に進めるため、イラン産業界のキーマンを次々と口説いていく保阪。まず支援を求めた友人は、“個人資産2兆円”というイラン競馬界のドン・キューマルス氏。さらにキューマルス氏から、イラン有数の不動産王にして、元イラン大統領・ラフサンジャニ氏の友人というヌリ氏を紹介してもらった保阪は、すぐさま“東京23区の4分の1”という広大な敷地のヌリ氏の別荘地域へ乗り込む。ヌリ氏に口添えしてもらえれば交渉は限りなく成功に近付く……。問題はヌリさんの信頼を得ることができるかどうかだ。そんな中、保阪は思わぬことからヌリ氏の信頼を勝ち取ることに成功した。

そして、迎えたイラン政府との利権交渉当日。果たして保阪は、事業規模5千億円にのぼるイランのガス利権を手に入れることができるのか?

また、今年3月に不妊治療の経験をつづった本を出版し、話題となっている加藤貴子も特集。不妊治療を経て44歳で初産、46歳で第2子を出産した加藤は「(子どもが)できない時に、最後まで残ったのは嫉妬心」「(自分自身が)価値がない人間なんじゃないかとまで考えてしまう時がある」と高齢出産の悩み、そして苦労や喜び、子育てについて思いを赤裸々に語る。

さらに先月、日村勇紀(バナナマン)との結婚を発表した元NHKアナウンサー・神田愛花も登場。梅沢は「日村のどこに引かれたのか?」「プロポーズの言葉は何だったのか?」などを神田に聞き、2人の結婚秘話にズバッと迫る。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ