よく家で見かける小さくて茶色いコロコロした害虫「タバコシバンムシ」が大量発生! 最強家グモ「アダンソンハエトリ」と共闘し撲滅作戦に乗り出した



よく家で見かける小さくて茶色いコロコロした虫を……見たことあるだろうか? ヤツの大きさは約2~3ミリほどで、カナブンを小さくしたようなカタチをしている。たまにブ~ンと飛んだりもし、ティッシュなどで潰すと「プチッ」と嫌な音がする。

ヤツが出ない家に住んでいる人は、おそらく知らない。でも、ヤツが出る家に住んでいる人は……絶対に見たことがあるはずだ! ヤツの名前は「タバコシバンムシ」。小麦粉などの穀粉は無論、乾燥食品や動物繊維の衣類などを主食にしつつ、どんどん増殖していく、問答無用の害虫である。そんなヤツラが……いきなり大量に発生した!!

・ヤツらが次々と水槽にダイブしていた
まだ夏が来る前の、ムシ暑いある日。愛するメダカちゃんたちが泳いでいる自慢の水槽に目をやると、なぜかエサらしき物体が大量にプカプカと浮いていた。あれ? 俺、こんなにエサあげたっけな……と思いながら、じっくりその “エサ” を観察してみると……

ほ、ほげええええええええええええ! こ、こ、これ、エサやない! 虫や!! それも蚊とか小バエでもない、あの茶色くてコロコロした虫やーっ!! なんでじゃーッ!!

──と、思わずエセ関西弁で実際に叫んでしまうくらいにビックラこいた。虫なのだ。それも大量に……浮いているのだ! よく見ると、まだ生きているヤツもいる。なぜ!? なぜヤツらは水槽へダイブするのか!? 暑いのか? 泳ぎたいのかっ!?

つうか、そもそも……こいつら何者なんだ? すごい昔、実家の押入れ近辺でよく見かけた記憶がある。ゴキブリほど気持ち悪くはないが、存在そのものが うっとおしい。益虫だったら見逃してあげるけど、なぜか「そうじゃない感」がプンプンする。

・名前すら知らなかった
私(羽鳥)は昔から、彼らのことを「茶色くてコロコロしたアイツ」と呼んでいたが、そういえば名前すら知らないことに今さら気づいた。その生態も目的も本名も出身地すらも、すべてにおいて調べようともしなかった。無視してた……虫だけに。

それはどうでもいいとして、すぐさまネットで調べたり、動物や昆虫に詳しい知人に聞いてみた結果、ついに彼らの本名が判明。それが先述の「タバコシバンムシ」だ。

ちなみに名前こそ「タバコ」であるが、別に家のタバコを狙っているわけではなく、葉巻たばこなどの製造過程において、貯蔵してあるタバコの葉っぱを食いまくって大損害をあたえることから、タバコの名前を襲名したとのこと。ちなみに漢字では「煙草死番虫」と書く。なんだか暴走族のチーム名みたいで少しだけカッコイイ。

・乾物が大好きな腹ペコ野郎
では、タバコシバンムシの野郎どもが何を好んで食べるのかというと……まずは小麦粉やパン粉、パスタや乾麺、乾パンなどの乾燥食品。海苔や香辛料なども大好物で、ドライフラワーや衣類なども食べるらしい。つまりは、乾燥したモノが好きなのだ。

となると……ウチのプールに続々ダイブするというパーティーピーポー顔負けなハッチャケ行動に出たコイツらは、いったい何が目的だったのだろうか。水槽まわりで乾いているモノといえば、メダカのエサしか……ハッ……ぐわぁぁあアアアアアッー!!

すぐにヤツらの発生源は特定できた。そして、なぜ彼らが水槽にダイブしたのかも、すぐに分かった。しかしここからの展開は、虫嫌いな人は絶対に読まないほうが良いってレベルで閲覧注意。すべての謎は……次ページ(その2)(http://wp.me/p25BsW-3s8o)にて解き明かされる。

Report:GO羽鳥
イラスト:マミヤ狂四郎
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス