男性のホンネ!あの子を本命の彼女にしなかった理由

愛カツ


友達以上恋人未満の関係のままズルズルと時が過ぎて、結局わたしは彼の本命の彼女になれなかったわ……ということってなぜ起こるのでしょうか? ということについて、今回は一緒に見ていきたいと思います。

セフレの関係のままズルズルと時が過ぎて、結局、彼の本命の彼女になれなかった、というケースにも当てはまる「本命の彼女に選ばれなかった理由」とは?



■ ■言いづらいことを彼にちゃんと言わなかったから

本命の彼女になれるかなれないか、というのは、じつはすごく簡単なことで「言いづらいことを彼にちゃんと言わなかったから本命の彼女になれなかった」ということです。

言いづらいこと……たとえば、女子だって男子と同じようにエッチなことに興味がありますよね。女子会でどんな話をしているのか? についてある女子から話を聞かせてもらったことがありますが、まあ女子のほうがかなりエロいじゃないですか。

で、「わたしは彼氏とこういうことをやってみたい」とか「わたしは好きな人に無理矢理いじめられるようなプレイをしてみたい」というような願望を持っている女子で、それを素直に友達以上恋人未満の彼に言える人はどれくれいいるのか?

すごく少ないんですよね。

女子会で女子どうしでは、あっけらかんとして言い合えることが、友達以上恋人未満の彼の前では言えない……。

■ ■恥じらいもあると思うけれど

もちろん、言うのが恥ずかしいとか、言ったところで彼がそのプレイを一緒になって楽しんでくれなかったら困るなとか、いろんな気持ちが作用していると思います。

でも、サクッと本命の彼女の座に座っている女子って、これが言えるんですよね。

言えるというのは、なにも勇気があるから言える、というだけではなくて、彼の会話の誘導のしかたがうまかったから、ついポロッと言ってしまった、ということもあります。

が、まあ、要するに「言いづらいことを彼にちゃんと言わなかったから本命の彼女になれなかった」ということです。

■ ■ちなみに男子は自主規制しています

ちなみに男子が「おれはこういうプレイをしてみたいです」と言うことは、まずないです。男子って友達以上恋人未満の女子の前で「エロいことを言ってはいけない」と思っているから。エロいことを言ってしまうと「わたしのカラダだけが目当てなの?」と言われるのを知っているから。

だから、あなたから言いづらいエロいこと言わないと、彼は「この子、おれと付き合いたくないんだ」と思ってしまって、他で本命の女子を探すようになるんです。

■ ■女子のあいまいな態度を誤解しちゃうのが男子です

エッチなこと抜きに「言えないこと」をもう1つご紹介するなら、女子って「彼のことが好きだけど、彼にハマってしまう自分が怖い」みたいに思って、彼にあいまいな態度をとり続けることがありますよね。
この女子のあいまいな態度を、男子は「おれのこと、そこまで好きじゃないんだろうな」と勘違いしちゃうんです。

好きな男子を前にあいまいな態度をとる、あるいは意地悪なことをついやってしまう――こういうのって、中高校生くらいから20代前半の女子にわりとよく見られる傾向ですよね。

好きなら好きと言う。付き合ってほしいのなら、付き合ってほしいと言う。たったこれだけのことができるかできないかで、彼はあなたのことを本命にしたりしなかったりします。

いかがでしょうか。

平たく言えば、言いづらいことをサクッと言える能力とか、聞きづらいことをサクッと聞ける能力に恵まれている人って、つねに恋人がいます。

そういう人は「コミュニケーション能力」に恵まれた稀有な人だ、と思う人もいるかもしれないけれど、でも「言いづらいことから先に言う習慣」を、みなさん努力して身につけているんです。

彼の本命の彼女になりたいと思っている人は、この手の努力は惜しまないことです。(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ