ニコラス・ケイジ「数年後には演技より監督業に集中したい」 20代の俳優・女優達も「いつかは監督に」

『コン・エアー』『フェイス/オフ』『ナショナル・トレジャー』シリーズなどで知られる人気俳優ニコラス・ケイジ(54)が、数年後には監督業にシフトしたいと告白しファンを驚かせている。しかし「実は監督業へ進みたい」という役者は多く、クリント・イーストウッド(84)も元超人気俳優でありながら監督業に重きを置くようになり、大成功。今や多くの優れた作品を手掛ける“名監督”と呼ばれている。

このほどニコラス・ケイジが『Blast』の取材に応じ、今後の活動計画についてこのような発言をした。

「現在は主に役者として活動しているけどこのまま3年、いや4年間ほど続行するつもりだ。その後は、もっと監督業に集中したいと思っているよ。」

これに驚いたファンも多かったのだが、実は20代の人気俳優・女優達も「いつかは監督業に…」とチャンスの到来を待っているようだ。以下のセレブ達も「将来的にはメガホンをとる立場になりたい」として、その理由を明かしている。

セレーナ・ゴメス(25)

「監督業に進む前に、自分の仕事をもっとうまくこなせるようにならなきゃね。俳優イーサン・ホークに(監督業について)少しアドバイスをいただいたの。だからぜひ、いつか挑戦したい。自分の仕事がもっとうまくこなせるようになったら、勇気が出るかもね。今はまだ学びの段階だけれど。」

■ダニエル・ラドクリフ(28)

「他の監督達がメガホンをとる姿を見ながら、頭の中でなかで(僕ならこう言うだろうなと)自分でも“監督シミュレーション”をしているんだ。」

「僕はかなり人の扱いに長けていると思うんだ。役者がおのおのどんな風に違う演技をするかを知るのも、監督の仕事の一部だよね。そういうの、僕は楽しめると思う。」

■クリステン・スチュワート(28)

「いつか映画をつくりたいの。絶対に監督業をやってみたい。ミュージックビデオの監督をしたんだけど、楽しかったわ。」

■リリー・コリンズ(29)

「とにかく映画業界の全てが好き。演じる方も、制作するほうもね。クルーの皆さんに、いつも質問しているの。だってすごく面白いから。ああ、監督業をしてみたいわ!」

■ダコタ・ファニング(24)

「いつかは監督業をやりたいの。一緒に映画を撮ってきた監督の姿を見て、多くのことを学んだわ。スティーヴン・スピルバーグ監督、ゲイリー・ウィニック監督のような方達よ。」

「ああいう監督達のように、しっかりとした関係を役者達と築けるようになりたいの。」

映画が好きでたまらないという多くの役者達。いつかは年をとり主役級の役はオファーされなくなるだろうが、それでも映画業界では制作者になるという道も残されている。これまでの経験と現場で得た知識が豊富な彼ら、彼女らだけに、いつかはハリウッドの大作でメガホンをとる日が来るかもしれない。

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス