城島茂の謝罪に「皆で同じく一緒に米を育てる」 TOKIOと福島の人々との絆に感動

しらべぇ

2018/5/14 06:00


(©ニュースサイトしらべぇ)

13日の『ザ! 鉄腕! DASH!!』(日本テレビ系)は、山口達也TOKIOを脱退したあと初めての放送。長瀬智也城島茂が協力者に事件を謝罪する様子が流れた。

そのなかで見えたTOKIOと協力者の絆に、感動の声が上がっている。

■冒頭で長瀬が協力者とスタッフに謝罪


番組前半は、「5月4日再始動世界遺産反射炉作り」のテロップとともに、DASH島を放送。冒頭、長瀬智也が作業を手伝うスタッフと、それを指導する本藤さんに対し、

「皆さんいろいろとご迷惑とご心配をかけてすいません。突然でね、申し訳ないですけども…」

と謝罪。すると本藤さんは、「いやいや本当に頑張って…」と返す。そして長瀬はスタッフたちに、

「なに、気使ってるの? 心配はしなくて大丈夫だから。また引き続きよろしく」と声を掛け、反射炉作りへ合流。作業をしながら、「これは絶対に完成させないとね…」と言い聞かせるようにつぶやいた。

その後は、DASH島の総集編的な放送となるが、そこに山口達也の影は一切なし。その様子に「切ない」と悲しみの声を上げる人や、違和感を口にする視聴者も出た。

■番組終盤にドラマが…


総集編で終わると思われた番組終盤、「番組をご覧になってくださっている皆様に実際の様子をそのままお伝えするためあえてカメラを回したものを放送します」というテロップが。

そして、4月29日に行われたスタッフと城島茂・国分太一の打ち合わせの様子に。プロデューサーが「新男米」の田植え時期が目前に迫っており、「今後ロケを進めていくべきか」を2人に質問する。

これに対し国分は「僕たち主導で動けなくないですか、米のことは」と発言。協力者の感情が第一であるという考えを示す。この意見を聞いた城島は、

「テレビとかDASHとか超えた部分がぶっちゃけあるじゃないですか。もちろんオンエアしてナンボの世界なんだけど、(苗を)繋げるという部分では罪がないと思うんですよ」

とコメントする。

スタッフから5月には田植えをしなければいけないと告げられると、国分は「今僕らがタイムリミットに向かうのは違う気が…」と話し、新男米は諦めるものと思われた。

■城島が福島へ…


すると映し出されたのは、城島茂がロケバスで福島に向かう映像。その日付は、わずか3日前の5月10日だという。18年ともに米作りした方々の前で、城島は正座で事態を説明し謝罪した様子。

三瓶専次郎さんは「昭雄さんがいたらこの大馬鹿者っていわっちゃかもしんねえな」と一言。そして、

「だけど、まだまだ、まだまだって言ったよ。大丈夫だ。今まで津島で(福島DASH村)で、十何年もやって、震災のときも、原発事故でも一緒に逃げて一緒に苦労してやってきたんだから、ここで終わらせない。

また皆で同じく一緒に米を育てていく。そういう気持ちでみんな集まってます」

と声をかける。これを聞いた城島は目に涙を浮かべ、集まった人々も全員涙。感動のまま、「この続きは近日中に放送いたします」というナレーションが流れ、番組は終了となった。

■優しさに感動の声


三瓶専次郎さんと農家の皆さんの優しさに、ネット民からも感動の声が。










■今後の展開に期待


一連の事件で番組の存続が危ぶまれた『ザ! 鉄腕! DASH!!』だが、三瓶専次郎さんや農家の人々、反射炉指導の本藤さん、そしてなによりも長年見続けて来た視聴者が継続を望んでいる。

今回の放送での編集や、アイドルとしては致命的な事件を起こしたことの重大性と、漏れ伝えられる事件の悪質性を考えれば、山口達也の名が番組内で語られることはないといわざるをえないだろう。

しかし、それであっても、誰一人彼の名前を忘れることはない。残された4人と番組スタッフには、彼の匂いを残しつつ、新たな番組を作っていってもらいたい。

・合わせて読みたい→山口達也、ジャニーズ事務所と契約解除 大黒柱の脱退で『鉄腕DASH』存続を危ぶむ声

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

あなたにおすすめ