最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

役所広司が“バディ”松坂桃李を絶賛!「共演者として頼もしい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「孤狼の血」が5月12日に公開初日を迎え、都内で行われた舞台あいさつに役所広司松坂桃李、江口洋介、真木よう子、ピエール瀧、中村倫也、音尾琢真、阿部純子、白石和彌監督、原作者・柚月裕子が登壇した。

芸能生活40周年の記念すべき節目の年の主演作となった役所は「ギリギリ体力がもつかな、という作品に40年目で出合えました」と、松坂は「30歳になる節目の年に、役所さんと共演できて、白石監督ともまたお仕事ができて、そしてそれがこの『孤狼の血』の作品で、忘れられないとても大切な作品です」と、初日を迎えた心境を語った。

また、「仁義なき戦い」が大好きだという江口は「オファーをいただいて、私物の『仁義なき戦い』のDVD-BOXなども掘り返して見ました」と告白。さらに「『凶悪』を見て、『誰が撮っているんだ?』と白石監督の名前はインプットしていました。今やこういう映画は“時代劇”になるのかもしれないが、これがきっかけでヒリヒリする芝居ができる作品が増えれば良いと思います」と、以前から白石監督の作品の興味があったことを明かした。

真木は「本編が進むにつれて、このシーンがあるから真木よう子がキャスティングされたんだと思っていただけるはずです。梨子は着物を着ているので、着物での所作や、ドキッとさせる仕草を勉強しました」と役作りについて明かした。

原作者の柚月は「私が小説で書きたかったものを監督がしっかり受け止めてくださり、それを原作以上の熱さで書いてくださいました」と映画版について絶賛。「上映後に感じるじっとしていられないような気分を、多くの方に感じていただきたいです」と述べた。

白石監督は「鬼畜どんぐりとかって言われていますが、皆さんに良い映画を届けようと身を削り、頭をひねって考えた作品です」と制作への熱意を語り、「多少目を覆いたくなるシーンもありますが、最初を乗り越えるとすーっと最後まで見られるエンターテイメントになっております!」と作品への自信を見せた。

さらに、役所は本作でバディを演じた松坂を「松坂くんは格好良いですからね。本当に繊細に自分の役を積み重ねていく、ちゃんとしたプランをもった俳優さんで、まっすぐな目の力が共演者として頼もしいです」と称賛。松坂は「役所さんとは2本目の共演なのですが、役柄のバディという関係性もあって、親のような師匠のような大先輩のような存在でした。そして、大きく分厚く遠いなと、すごく感じました」と役所の言葉に恐縮しきった様子で、撮影を「かけがえのない時間」と振り返った。

最後に、役所が「白石監督の下で、スタッフ、僕たちキャスト共に伸び伸びと楽しく撮影させていただきました。素晴らしい役者さんたちが、生き生きと演じた映画になっております。女性のお客様が多いので、ぜひ男たちに『映画館にいけよ、牙を磨いてこいよ』と言ってくださいね」と呼び掛け、イベントを締めくくった。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/146642/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス