玉木宏、「360日外食」でも筋肉美をキープできている秘密を明かす


5月10日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に、俳優の玉木宏が登場。玉木は、その筋肉美を維持する秘密や、役に合わせて体重を増減する役者根性、靴下を履くのが嫌いな理由などについてのエピソードを披露した。

玉木、靴下は「3セットで充分生きていけますよ」


端正な美ボディを誇る玉木だが、意外にも1年のうち360日は外食だという。「単純に体づくりではなくて、おいしいものを食べたいっていうだけで。(食事での節制は)何もしないですね。何も考えないですね」と玉木。「食べるだけ食べて、その分運動する」と、身体作りと食事は一切関係がないと明かした。

特に、一番食べるものは「肉」だが、「でもラーメンも食べるし、ちゃんと米も一緒に食べます。お酒も飲みます。甘いものも食べます」と、食べ物に関しては全く制限をしていないと話した。

さらに、「体重を20キロ増減できる」という玉木。「今は70キロなんですけど、一番痩せた時で52キロ。おととし、逆に太らせようと思って80キロ。その時朝ドラをやってたので、年齢を重ねた芝居もしなければいけなくてちょっと恰幅をよくするために」と、さすがの役者魂を見せつけた。80キロまで太った時は、食べても全く運動はしなかったという。

続けて、靴下が嫌いな玉木は「3セットで充分生きていけますよ」と断言。去年共演したという嵐の櫻井翔も「福島、3月~4月雪深い時期で寒かったんですよ。確かに裸足にサンダルだった!」と、振り返った。

その理由を玉木は「靴は好きなんですよ。だけど、靴を履くには靴下も履かないといけないけど靴下が嫌いで。この締め付けられてる感じっていうか」と明かす。「でも5本指にすればいいじゃないかって言われるんだけど、1本ずつ締め付けられるのが嫌で」と、やはり靴下を履くことにかなり抵抗があるよう。

裸足に革靴でおなじみの石田純一と同じ1月14日生まれであると発表されると、「ご縁があるんじゃないかなと思いますけど」と玉木。これには「そういう月なんですかね」「そういう星の下とかね」と、驚きを隠せない出演者たちであった。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

あなたにおすすめ