篠田麻里子、マタハラに悩む女性社員役で『Missデビル』出演

テレビドガッチ

2018/5/12 07:03

女優の篠田麻里子が、5月19日放送のドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ、毎週土曜22:00~)第6話にゲスト出演することがわかった。

本作は、悪魔と呼ばれるほど冷酷非情にして凄腕の人事コンサルタント・椿眞子(菜々緒)が、とある企業を舞台に、セクハラ、パワハラ、派閥争い、モンスター社員など、どんな会社でも起こりうる問題を悪魔のような大胆な方法で解決していく“痛快オフィス・エンターテインメント”。眞子の決めゼリフは「あなたには、この会社を辞める権利があります」。1話完結で、毎回ラストには視聴者を驚かせる展開が待っている。

第6話のテーマは、マタハラ(マタニティーハラスメント)。篠田演じる妊娠した女性社員・吉竹唯香を巡って起こるトラブルに、椿が意外な決断を下す、というストーリーが展開する。出産と仕事の両立に悩む女性という繊細な設定に加えて、物語のカギを握る役どころとあって、篠田は「演じるにあたり、知り合いに聞いてみたりしたんですけど、妊娠した女性に対してよかれと思ってしたことが、逆に苦しめることになっていたりして、(マタハラは)境界線というか判断の基準みたいなものが凄く難しいなと思いました。難しい問題なんですけど、(今回の物語は)色んな立場・目線で自分の行動を考え直せる、見つめ直せる展開になっているので勉強になります」と真摯に役柄に取り組む思いを語った。

さらに、同回では篠田にとって嬉しいサプライズも。2016年3月まで出演していた情報番組『PON!』でMCを務める同局の青木源太アナと笹崎里菜アナも、篠田扮する女性社員に取材するニュース番組のキャスターという役どころで出演することが決定。愛着ある古巣番組とのコラボに、篠田は「(PON!は)ほぼ毎日観ています。私としてはまだ勝手にファミリーの一員だと思っているので、一緒に出演できるのは嬉しいです」と喜びを述べていた。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス