【ビルボード】堂本剛ソロ“ENDRECHERI”名義でのアルバム『HYBRID FUNK』が総合首位 ダウンロード1位はRoseliaの1st

Billboard JAPAN

2018/5/9 13:56



2018年5月14日付(集計期間:2018年4月30日~5月6日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、2017年にソロデビュー15周年を迎えたKinKi Kidsの堂本剛による新たなソロプロジェクト“ENDRECHERI”名義でのアルバム『HYBRID FUNK』が総合首位を獲得した。

“ENDLICHERI☆ENDLICHERI”名義で2006年3月にリリースされたアルバム『Coward』のオープナー・トラック「ENDLICHERI☆ENDLICHERI」のリアレンジ「END RE CHERI」や、山下達郎がファンク・ギターで参加した「HYBRID ALIEN」などを収録した『HYBRID FUNK』は、初週累計79,206枚を売り上げてフィジカル・セールス1位を獲得。ルックアップでは6位と少々伸びしろがあり、ダウンロードは未解禁でポイントが計上されなかったものの、フィジカル・セールスの優位を守る形で総合でもトップに立った。

漫画やアニメ、ゲームなどで展開されるメディア・ミックス・プロジェクト『BanG Dream! バンドリ!』発のユニット、Roseliaによる1stアルバム『Anfang』は、初週累計24,873枚を売り上げてフィジカル・セールス2位、5,695ユニットを売り上げてダウンロード1位、ルックアップ12位と、高いセールス力でもって総合2位にデビュー。

続いて、2017年11月の初登場からトップ10内を守り続けている米津玄師『BOOTLEG』は、前週からフィジカル・セールスとルックアップの勢いほとんど衰えさせず、ダウンロードに至っては前週売上を約400ユニット上回る2,086ユニットを記録して、総合順位を前週8位から当週3位までアップ。セールス、ルックアップともに毎週高い記録をマークし続けており、2018年度上半期チャートでの上位ランクインも予想される。

また、こちらもロングヒットを記録している『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』は、当週4,589枚を売り上げてフィジカル・セールス11位、発売以来累計は122,181枚となり12万の大台に乗った。ダウンロードでは3,023ユニットを売り上げて2位、ルックアップでは31位となり、前週9位から当週4位まで総合順位を押し上げている。

Mr.Childrenが2017年5月10日のデビュー25周年記念日にリリースした配信限定アルバム『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』と『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』は、26周年記念日が間近に迫っていることもあってか、再びチャート・アクションを活性化させている。『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』はダウンロード4位となって総合16位、『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』はダウンロード5位となって総合17位をそれぞれマーク。両作ともに52週連続となるチャートインだ。

◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『HYBRID FUNK』ENDRECHERI
2位『Anfang』Roselia
3位『BOOTLEG』米津玄師
4位『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』V.A.
5位『ユーミンからの、恋のうた。』松任谷由実
6位『Yummy!!』Kis-My-Ft2
7位『Finally』安室奈美恵
8位『オトノエ』和楽器バンド
9位『魚図鑑』サカナクション
10位『Everybody!!』WANIMA
11位『FACE YOURSELF』BTS (防弾少年団)
12位『ORIGINAL TRACKS VOL.1』安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S
13位『うれD』GReeeeN
14位『BIG YELL』ゆず
15位『アンコール』back number
16位『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』Mr.Children
17位『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』Mr.Children
18位『ムスヒ』EVISBEATS
19位『舞台『刀剣乱舞』ジョ伝 三つら星刀語り オリジナル・サウンドトラック』刀剣男士
20位『COLORFUL GIFT』戸松遥

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ