小林直己(三代目J Soul Brothers)がハリウッドデビュー リドリー・スコット製作総指揮『アースクエイク・バード(原題)』出演へ

SPICE

2018/5/8 17:00


Netflixオリジナル映画『アースクエイク・バード(原題)』の主要キャスト/スタッフが発表された。同時に、同作で小林直己(EXILE/三代目J Soul Brothers)がハリウッドデビューを果たすことが明らかになっている。
Netflixオリジナル映画『アースクエイク・バード(原題)』独占配信決定
Netflixオリジナル映画『アースクエイク・バード(原題)』独占配信決定

『アースクエイク・バード(原題)』は、イギリス人作家スザンヌ・ジョーンズによる同名ミステリー小説を映画化するプロジェクト。スザンヌは本作でミステリー小説界において権威のある賞の一つ、英国推理作家協会賞の最優秀新人賞(01)を受賞している。

同作は東京を舞台とし、日本で死体となって発見された女性・リリー、容疑者となった友人・ルーシー、ハンサムでミステリアスなカメラマン禎司(テイジ)ら3人の愛憎と、異国で暮らす女性の心理を描写したサスペンスミステリーだ。製作総指揮をつとめるのは、『ブレードランナー』や『エイリアン』シリーズで知られるリドリー・スコット。メガホンを、『アリスのままで』のワッシュ・ウェストモアランド監督がとる。

主人公・ルーシーを演じるのは、『リリーのすべて』で第88回アカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル。リリー役で、『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』や『マジック・マイク』のライリー・キーオが出演する。『HiGH&LOW』シリーズや『たたら侍』で知られる小林直己は、2人の女性を翻弄する禎司役で登場する。

関連記事:AKIRA、青柳翔、小林直己インタビュー『HiGH&LOW THE MOVIE 3』“頑丈めな3人”が語る「全員主役」最終章のアクションとメッセージ

小林の起用理由は、そのミステリアスで繊細、鋭い雰囲気が制作陣の求めていた禎司像にぴったりと評価されたからだという。なお、同作には佐久間良子やクリスタル・ケイなど多くの日本人キャストも出演。撮影監督で『オールド・ボーイ』や『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』のチョン・ジェンフン氏、プロダクションデザイナーで『思い出のマーニー』などの国際的に活躍する種田陽平氏、衣装デザイナーで『キル・ビル:Vol.1』の小川久美子氏、ヘアメイクで『オリエント急行殺人事件』の吉原若菜氏、キャスティングディレクターで奈良橋陽子氏らが参加する。

同作は今月5月より、東京や新潟県の佐渡島にて撮影を開始する予定。

映画『アースクエイク・バード(原題)』はNetflix独占配信。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ