俳優・滝藤賢一のクズっぷりに反響 「カラダ目当てで交際」「32歳まで親から仕送り」

しらべぇ


(©ニュースサイトしらべぇ)

映画『クライマーズ・ハイ』の怪演で名を馳せ、最高視聴率42.2%のドラマ『半沢直樹』でもその存在感を遺憾なく発揮した名バイプレイヤー・滝藤賢一(41)が、7日放送『しゃべくり007』(日本テレビ系)に登場。

くりぃむしちゅー・上田晋也(48)も思わず「このクズ」と叫んだ、あまり明かされていない私生活が語られ、話題となっている。

■役作りにストイック?


滝藤は、北野武やクエンティン・タランティーノに憧れ、映画監督と役者を目指して上京。現在は「こんな大変な仕事はない、俳優だけで精いっぱい」と監督業にはまったく興味がないと語る。

仕事が少なかったころは役作りにもストイックだったが、次から次にオファーがある現在は「そんな余裕がない」ためそこまでストイックではないと明かすと、周囲からは「(役作りは)やりなさいよ」とツッコミが飛ぶ。

本数を減らして全力を尽くすべきではとアドバイスされるも、「ものすごくギャラが安い。どんな仕事でも受けて、4人の子供を食べさせていかないと…」と本音を吐露した。

■32歳まで仕送り生活


『クライマーズ・ハイ』出演以降、仕事が増加。順調にキャリアを重ねている滝藤だが、「小劇場の出演でバイトする暇がなかった」ため、親から仕送りをもらっていたと告白。

「口座が空になると5万円ぐらい振り込まれていた」仕送りは、のちの妻との同棲で家賃が折半になり、仕事が増えてきた32歳まで続いたという。

■妻は劇団の後輩


妻との出会いは劇団だ。後輩だったがすぐに退団した妻、その数年後、滝藤の舞台を2度見に来たことで「僕のことが好きなんじゃないか」と勘違いした滝藤からアプローチをかけ、結婚前提の交際に発展する。

「家賃目当てじゃないの」「本当に好きだったのか」、聞かれた滝藤は、「ちゃんと(好きだった)。劇団に入ってきた時から『いいカラダしてんな』と思って…」とカラダ目当てだと口を滑らす。

飄々と赤裸々に過去を語る滝藤に、上田も「俳優さんに初めて言いますけど、このクズ!」と思わずツッコんだ。

■視聴者は賞賛


視聴者からは、滝藤の独特なキャラクターやトークに賞賛が贈られている。










■実年齢と見た目にギャップも


また落ち着いた雰囲気と風貌のため、「言うと驚かれる」と本人も明かしていた41歳という年齢に食いついている視聴者も目立つ。




■「ろくでなし好き」は少数派


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,378名を対象に調査したところ、1割に満たない少数が「ろくでなしばかりを好きになる」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

言葉尻を捕らえれば滝藤の発言はクズそのものだが、「仕事と家庭しかない」と断言できるように、滝藤は仕事と家庭を何よりも大切に想っている。

どちらにも真摯に向き合っているからこそ番組を盛り上げるために多少大げさに話したとしても、彼のキャラクターとして許されるのかもしれない。

・合わせて読みたい→ロバート秋山が1人10役を…世紀の怪作『黒い十人の秋山』を見逃すな

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代の男女1,378名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ