このなかにきっと、あなたにハマる映画がある。

TABILABO

2018/5/4 19:00



きっと誰しも、“忘れられないあのシーン”を、胸の奥にある柔らかい場所に、持っているのではないでしょうか。

人生の選択を迫られたり、ビビッと衝撃の走る出来事が起きたとき、行動の指針になるような。

そういう映画のワンシーンだけを切り取って、イラストと一緒に紹介しているのが『みんなの恋愛映画100選』(株式会社オークラ出版)。

ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を休日のお供にしてみる、というのはいかがでしょう?

「セックスは誰にだってできるわ」
「だから?」
「私はすてきなロマンスがほしいの」



初体験 リッジモント・ハイ
1982年 / アメリカ

もし君がやせたら、自殺してやる。



髪結いの亭主
1990年 / フランス

みんな食べて、
食い殺してやりたい。



でんきくらげ
1970年 / 日本

「もし女の子じゃなくても好きだと思う?」
「だと思うよ」



ぼくのエリ 200歳の少女
2008年 / スウェーデン

じゃ、私を逃してよ。



黒猫・白猫
1998年 /フランス,ドイツ,ユーゴスラビア

僕は女性を尊敬している。
尊敬するあまり近づけないんだ。



40歳の童貞男
2005年 / アメリカ

「処女を奪ってと言ったら迷惑?」
「まさか、ちっとも」



ニンフォマニアック
2013年 / デンマーク

恋は性の垣根を越える。
幸せならそれでいい、
本物の恋なら
明日死んだってかまわない。



アデル、ブルーは熱い熱
2013年 / フランス

デクスター、本当に愛しているわ。
でもあなたのこと、
もう好きじゃないの。



ワン・デイ 23年のラブストーリー
2011年 / イギリス

「彼の死が悲しいですか?」
「ええ、セックスがよかったもの」



氷の微笑
1992年 / アメリカ

あなたへの愛は、
快楽を超越しているわ。



昼顔
1967年 / フランス,イタリア

「君に消されてもずっと愛してた」
「知ってる」



エターナル・サンシャイン
2004年 / アメリカ

「バンドマンとは本気で付き合わないわ。
こっちが傷ついて楽しめないから。」



あの頃ペニー・レインと
2000年 / アメリカ

あなたを満足させるたび、
本当は自分が嫌いになるの。



ONCE ダブリンの街角で
2007年 / アイルランド

君も非モテのまま?



フランシス・ハ
2012年 / アメリカ

僕も自分の道を進むよ、
この街に留まって。



ラ・ラ・ランド
2016年 / アメリカ


みんなの恋愛映画100選 絵:長場雄 文:山瀬まゆみ・小川知子・中村志保

イラストレーター長場雄が選び、描いた映画のワンシーンと、その映画にでてくるセリフを抜粋し、解説をしていく絵本のような書籍。待望の第2弾。
今作では“恋愛"にまつわる100本の映画に特化した。さらに100点のイラストは全て描き下ろしとなっている。

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ