復讐鬼・ディーンの表情が…『モンテ・クリスト伯』周到すぎる展開に驚愕の声

しらべぇ

2018/5/4 15:00


ピュアで明るい漁師だった主人公・柴門暖(ディーン・フジオカ)が理不尽に陥れられ、過酷な運命に翻弄されてきた『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』(フジテレビ系)。

3日夜10時より第3話が放送され、いよいよ華麗なる復讐劇の幕が上がった。

■狂気の晩餐会


(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

ファリア真海(田中泯)の莫大な隠し資産を引き継いだ柴門暖(ディーン・フジオカ)は、モンテ・クリスト・真海と改名して世界屈指の投資家となった。新たな人生を歩み始めた真海だが、かつて自分を陥れた者たちへの復讐心に支配されていた。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

ある日、江田愛梨(桜井ユキ)と南条明日花(鎌田恵怜奈)が2人乗りのシーカヤックで沖に出た際、誤ってパドルを落としてしまう。潮の流れが悪く遭難しそうになっていると、クルーザーが近くを通り過ぎた。愛梨と明日花が助けを求めると、クルーザーに乗っていた真海と秘書の土屋慈(三浦誠己)が愛梨たちを助ける。

無事に港へ戻ると、愛梨は明日花の両親が真海に挨拶がしたいと言うので、家に寄って欲しいと頼む。明日花は、有名俳優となった幸男(大倉忠義)と料理研究家として活躍するすみれ(山本美月)の娘で、愛梨は幸男のマネージャーだった。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

明日花の命の恩人として挨拶をした真海は、自分の別荘でホームパーティーをすると告げ、幸男とすみれを招待する。

その後、神楽清(新井浩文)が秘書と共に真海の別荘を訪れる。真海は神楽から別荘を買っており、ホームパーティ-に神楽とその妻・留美(稲森いずみ)も招く。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

さらに真海は入間公平(高橋克典)の妻・瑛理奈(山口紗弥加)にも巧みに接近し、入間にも招待状を渡すのだった。

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

真海の別荘へ向かう当日、愛梨のPC操作で必要なデータがクラッシュしたすみれは、その対応でパーティーに行けなくなってしまう。一緒に欠席しようとする幸男だったが、すみれは作ったデザートを託し、幸男だけはパーティーに参加するよう促す。

そして別荘には、真海の狙い通りに5人の招待客――幸男、神楽夫妻、入間夫妻が集まり、狂気の晩餐会が始まった。

■ターゲットに近づく真海に


(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

復讐のためターゲットへ近づいていく真海だが、その手法が緻密で周到。次々と彼らに“出会う”真海に、「どれくらい前から計画していたのか?」と考えて恐ろしくなる人が続出する。









内側から相手の手の内を探り、壊していこうとする復讐スタイルに、期待と同時に恐怖を感じる人が多いもよう。

また、折りに触れて差し挟まれる過去の惨い場面や、すみれが作ったシフォンケーキを無理矢理吐き出す姿など、真海の復讐心に共感せずにはいられない印象的なシーンが多かった。

■信一朗には優しい


(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

ターゲットには紳士的な振る舞いをしながらも、時に冷たい視線を向ける真海だが、脱獄後の暖を介抱してくれた信一朗に対しては人間らしい面を見せる。

晩餐会に出す魚をわざわざ信一朗が働いている店へ買いに行き、さり気なく信一朗の様子を気にかけるなど、その行為は優しさに溢れていた。









ドロドロした復讐劇の合間に垣間見える2人のやりとりは、心が穏やかになる唯一の時間。癒しの存在である信一朗とのシーンに、ホッとする視聴者は少なくない。

■関係を隠す3人


(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

真海の招きに応じて別荘を訪れた神楽と留美、

(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

入間と瑛理奈、そして幸男だが、ほとんどが顔見知りにもかかわらず、初めて会ったかのように振る舞い、その関係を隠している。





なお放送中には、神楽役の新井浩文自身が実況に参加してTLを盛り上げていて…



初対面のように振る舞う神楽と幸男だが、和やかな雰囲気につられて神楽が幸男に対し、名前で呼んでしまう場面が。



これには新井本人も、ツッコミを入れる。



3人はここで出会ったことを偶然と捉えているのか、それとも不穏な気配を感じているのか? その心境も気になるところだが、しかし、関係を隠していたのはこの3人だけではなかった。

■怯える土屋の姿に


(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

真海に仕える秘書の土屋は、別荘を気に入ったと言う真海に戸惑っている様子を見せていたが、集まったメンツを見てさらに驚愕の表情に。

じつは土屋は、晩餐会が行なわれた別荘に22年前空き巣で入ったことがあり、その時、留美と入間が生まれたばかりの赤ん坊を捨ている現場を目撃していた。









(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

この事実を打ち明けても、驚きもせずに料理をする姿を見た土屋は「真海さんは、全てを知ってるんですよね」と切迫した声を上げる。

土屋の心情は観ている人たちの「なにが、どこまで仕組まれたもので、その実態はどうなっているの!?」という気持ちを代弁していて、完全に視聴者目線のポジション。

真海が、土屋が目撃していたことも調べ上げて雇ったことは間違いなさそうで、ここにも真海の復讐計画の綿密さが伝わってくる。

■愛梨のギャップに驚愕


(画像提供:(C)フジテレビ『モンテ・クリスト伯』

そして、今回は序盤に怪しい動きをするバイクに乗った人物が登場した。そばアレルギーである入間の妻の飲み物にこっそりそば粉を盛ったり、神楽の声を盗聴していたり…。

「この人物は誰?」とTLで話題になっていたが、最後に真海のもとにやって来て、ヘルメットを脱いだその顔に視聴者は驚愕。

なんと、幸男のマネージャー・愛梨だった。









なぜ、彼女は真海の復讐の手伝いをするようになったのか、今後彼女はどのような働きをするのか。

それにしても、真海の指示に忠実に従う愛梨にも驚かされたが、南条家で見せている地味な雰囲気と真海との絡む姿のセクシーさのギャップにもびっくり。予告編を観ると、次回以降も妖艶な愛梨が登場するようで、真海との関係性と合わせて注目だ。

復讐のターゲットたちに近づくことに成功した真海。今回は入間と留美の過去の一端を暴いたが、次はどんな一手を打ち、自分を嵌めた者たちを地獄へと突き落としていくのか――来週が待ちきれない。

《これまでに配信した『モンテ・クリスト伯』関連記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→底知れなさに震える『モンテ・クリスト伯』復讐劇が今夜いよいよ幕開け

(文/しらべぇ編集部・卯月

あなたにおすすめ