アニメ界をリードする豪華声優陣が、ウェス・アンダーソンと夢のコラボ!

Movie Walker

2018/5/3 15:15

第68回ベルリン国際映画祭でアニメーション映画としては異例の銀熊賞(監督賞)を受賞し、はやくも来年のアカデミー賞の長編アニメーション賞有力候補といわれているウェス・アンダーソン監督の最新作『犬ヶ島』(5月25日公開)。このたび本作の日本語吹替版を担当する豪華声優陣が明らかになった。

本作は全編日本を舞台に、“犬ヶ島”と呼ばれるゴミ島に隔離された愛犬を探す少年と、彼を手助けする5匹の犬たちの冒険を描き出したストップモーション・アニメ。ウェス作品常連の個性派俳優から、豪華なハリウッドスターに加え、RADWIMPSの野田洋次郎や村上虹郎、渡辺謙、夏木マリといった日本人俳優がボイスキャストとして出演していることでも話題を集めている。

そしてこのたび、本作の日本語吹替版に日本のアニメ界を牽引する実力派声優たちが決定。まず主人公アタリの元護衛犬で“犬ヶ島”に追放されてしまった親友のスポッツ役を森川智之、そしてスポッツ捜しを手助けするヒーロー犬の一匹で、闘争心にあふれるノラ犬のチーフ役を楠大典が演じる。

さらにミステリアスな美女犬のナツメグ役には遠藤綾、物知りな老犬ジュピター役には屋良有作、そして“犬ヶ島”を救うために奔走する女子高生トレイシー・ウォーカー役を戸松遥が担当。さらにウェス・アンダーソンならではの世界観を言葉でつづっていくナレーションを、石塚運昇が務める。

世界トップレベルの日本アニメ界を彩るベテラン声優たちと、実写やアニメを問わず世界中の映画ファンを魅了するウェス・アンダーソンが夢のコラボレーションを果たす本作。劇中に登場する風変わりな日本の姿を、さらにユニークに見せてくれることは間違いない!(Movie Walker・文/久保田 和馬)

https://news.walkerplus.com/article/145794/

あなたにおすすめ