RetinaでスリムなMacBook Air、量産が今年後半に延期される?

180502_macbookair
Image: mama_mia / Shutterstock.com

欲しい人は多いと思いますが…。

そろそろ登場するかもしれない、Retinaディスプレイを搭載した13インチの新型MacBook(あるいはMacBook Air)。これについて、海外報道では量産が今年後半に延期されたことを報じています。

台湾紙のDigiTimesによると、この新型MacBook Airはもともと2018年第2四半期(4月~6月)に量産される予定だったとのこと。しかし2018年後半に量産タイミングがずらされたことから、その発売も今年後半になるものと予測されます。6月4日に開催されるApple(アップル)の開発者向け会議「WWDC 2018」にて発表されるのかどうかは、微妙なラインでしょう。

それ以外にも、Retinaディスプレイを搭載した新型MacBook Airにはスリムデザインが採用され、Intel(インテル)の最新ラップトップ向けプロセッサが搭載されるとのこと。そして価格は999ドル~899ドル(約11万円~10万円)、あるいは799ドル(約8万8000円)とかなり廉価に投入されるそうです。

これまで新型MacBook Airや新型MacBookの事前情報に関しては、廉価版MacBook Airが4月~6月に799ドル~899ドル(約8万5000円~9万5000円)で登場する、あるいは13.3インチのRetinaディスプレイを搭載した廉価版MacBookが999ドル(約11万円)から販売されるとも報じられています。このあたり、MacBook AirなのかMacBookなのかの情報が錯綜していますね。

MacBook Airが生き延びるのか、それともMacBookのラインナップに取り込まれるのか…。今年のWWDC、あるいはその後のAppleイベントではMacのラインナップ変更がかなり注目されることとなるでしょう。

Image: mama_mia / Shutterstock.com
Source: DigiTimes

(塚本直樹)

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ