最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「ミスマガジン2018」ベスト16メンバー、水着姿を披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 倉科カナ、新川優愛、乃木坂46・衛藤美彩らを輩出した「ミスマガジン2018」ベスト16の囲み取材およびフォトセッションが、1日に都内で開催され、最終審査に残ったメンバーが水着姿で登場した。

【写真】「ミスマガジン2018」ベスト16の水着姿

2011年以来、7年ぶりの復活を遂げた「ミスマガジン」は、1982年にスタートし、今年度で35周年となる雑誌業界でも最も歴史のあるミスコンテスト。今回はそれぞれの事務所に所属している14人のほか、一般応募から2名がベスト16に勝ち残った。

現役高校3年生の黒木ひかりは「将来の夢は女優さんになること」と語り、特技の“眉毛をたくさん動かすこと”を披露。名古屋発のアイドルユニット「dela」から参戦した沢口愛華は「今アイドルをやっているのですが、将来的には女優さんやMCなど、たくさんのことに挑戦していきたい」と笑顔を見せた。東京都出身で小野妹子の子孫という、えのきさりなは「ご先祖様にいい報告ができるにように頑張りたいと思います」とコメントして会場を沸かせた。

一方、ラストアイドルのセカンドユニット「Good Tears」のリーダーとして活動中の池松愛理は、芸能活動10年目にして今回が初の水着。「プライベートでもあまり水着にならないので、すごく恥ずかしいんですけども(笑)、グランプリを取れるように頑張りたい」と意気込みを明かした。

また、一般応募から参加の岡田佑里乃は「すごく緊張しているんですけど、グランプリ目指して頑張りたいと思います」と気合十分。同じく一般応募の満原史絵里は「存在感のある女優さんを目指しています。一般応募からで、まだまだ経験もなくて、ぎこちない部分も多いと思うんですけど、よろしくお願いします」と話していた。

今後の予定として、16人は5月7日に発売の「ヤングマガジン23号」にて、表紙・巻頭・巻中・巻末グラビアをジャック。投票などを経て6月下旬にグランプリと各賞が決定し、7月中旬にグランプリ発表イベントが開催される。なお、グランプリは「ヤングマガジン」でのソロ表紙と写真集が確定する。

この日は岡本桃花、緒方もも、川津明日香、後藤さり、佐藤あいり、松本美穂、鈴木ゆうは、寺本莉緒、農海姫夏が出席し、新木さくらが欠席した。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス