乃木坂46『しゃべくり007』初登場に“神回”の声「最強の布陣か…」

乃木坂46からメンバー6人が4月30日放送のトークバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した。冒頭で「YOSHIKIさんも大絶賛する今注目のアイドル」とカンペが出され、進行の上田晋也をはじめレギュラー陣が「え!?」と思い浮かべるなか、秋元真夏、生田絵梨花、齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬、松村沙友理が登場するとスタジオが歓声に包まれた。

X JAPANのYOSHIKIだけでなくMr.Childrenの桜井和寿も絶賛するという情報について聞かれた松村沙友理。桜井が乃木坂46の『きっかけ』(2016年アルバム収録曲)をカバーしてライブで歌ってくれて、「良い歌だねって褒められました」と答え「とびっきりの笑顔だね!」と上田を感心させる。

“これで人気の理由がわかる!お父さんのための乃木坂講座007”の企画では、メンバー各自が得意分野を披露。生田絵梨花は「やったことがないジャンル」に挑戦して習得したフィンランド民謡『Ievan Polkka』を歌った。真剣な彼女の表情と完成度の高いパフォーマンスから、「素晴らしい」を通り越してギャップに耐え切れず笑いが漏れた。

次に白石麻衣が特別出演のひょっこりはんとコラボして見事な「白石はん」ぶりでバラエティセンスの良さを見せつければ、秋元真夏は握手会でファンに一番ウケが良いという「ネコのコスプレ」をしてメンバーたちと握手会を実演する。

秋元のコスプレについて白石は「露出が多すぎるし、あんまりいい目では見てない」、松村も「彼女の行動はホンマに引いてる」とぶっちゃけるが、ネコ耳でミニスカ姿となった秋元の対応に『しゃべくり』レギュラー陣はメロメロだ。そんな彼女を見て他の5人が不満顔をするので上田が「アイドルがこんな地獄みたいな顔する?」と呆れていた。

また、西野七瀬と齋藤飛鳥が「気配を消せる」というので、スクランブル交差点ですれ違う状況を実演する。「街中で本当にバレないのか」確かめるはずが『しゃべくり』レギュラー陣はいち早く秋元に気づき、「あれ? ネコの子!」と駆け寄って「握手会で毒されすぎ!」と上田に制せられてしまう。

松村沙友理は「1回の食事で米3合食べる」ほど大食いで、なかでも白米が大好きで秋元康から『白米様』という歌をもらっている。彼女はドリンクを飲むのも速くペットボトル500mlを「3秒で飲める」というので、福田充徳(チュートリアル)と対決することになった。接戦で松村が勝ったものの、上田に「12秒かかった」と指摘され「ホンマに緊張して、ちょっと喉渇いてたし…」と苦しい言い訳で笑わせた。

なかでも秋元真夏のコスプレと握手会のくだりで、乃木坂メンバーがミニコント風に彼女を批判して嫌そうな顔を見せたのはおもしろかった。その流れをじゃまし過ぎずに上手く盛り上げる『しゃべくり』レギュラー陣との掛け合いは彼女たちにも勉強になったことだろう。

視聴者からは「ちょーかわいかったー!!」「神回でした。感動しました。ありがとうございました」などの反響があり、「最強メンバーっすね」「最強の布陣かなぁ…」という声が少なくない。なかには「別のメンバーでも見たいし、個人でも出て欲しいし、なんなら全員で出て欲しいし」との要望もあり、次の出演機会があれば期待したい。

画像は『乃木坂46 2018年4月30日付Twitter「このあと22:00から日本テレビ系「しゃべくり007」に秋元真夏、生田絵梨花、齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬、松村沙友理が出演します!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ